ゴスペラーズの結成秘話が"一番の奇跡"!?黒沢薫が村上てつやに誘われた経緯を語る

投稿日:2022/07/30 10:25 更新日:

毎週金曜日放送のバラエティ番組「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)。7月29日の放送では、ゴスペラーズ・黒沢薫さんから明かされた、結成秘話やギャラ事情がネット上で話題になりました。

マイク

■ゴスペラーズの結成秘話が"一番の奇跡"!?黒沢が村上に誘われた経緯を語る

今回、黒沢さんは自身が高校生の時に起きたという、ある奇跡について語りました。

高校時代、学校がつまらなく感じていた黒沢さんは、たびたび授業をサボっていた時期があったのだといいます。

まだ自由に使えるお金もなかった黒沢さんは、近くの図書館の視聴覚室に行って、大好きな山下達郎さんのアカペラCDをよく聴いていたのだそう。

そんな黒沢さんが高校3年生の頃、後のゴスペラーズのリーダー・村上てつやさんから呼ばれ、「俺、今度歌おうと思ってんだけど、お前これ歌える?」と、ある曲のパートを目の前で歌われたのだそうです。

「それが、俺が大好きな達郎さんの曲のパートだった」という黒沢さん。

自分もその曲を歌えることを村上さんに伝えて歌ったところ、「お! 歌えんじゃん! OK! アカペラやろうぜ!」と誘われ、それがゴスペラーズのスタートになったのだと言います。

黒沢さんのエピソードに、スタジオからは「えー!」「すごい奇跡じゃないですか!」「一番の奇跡だ!」と、感激の声が飛び交います。

ネット上でも、「奇跡だっ!」「てっちゃんと黒ぽんの奇跡!」とゴスペラーズの結成秘話に感激の声が上がっていました。

■「今日の僕のコレも5等分です」ゴスペラーズ、ソロの仕事もギャラはきっちり5等分!?

感動的なエピソードを披露した黒沢さんでしたが、千鳥・ノブさんから「聞いたんですけど、ゴスペラーズさん(の)ギャラ、誰がどう働いても5等分なんですって」と、衝撃的な事実が明かされ、より一層スタジオを沸かせました。

このエピソードに黒沢さんは、「そうなんです」とあっけらかんと答え、「今日の僕のコレも5等分です」と、ソロで参加している当番組のギャラでさえもグループ内で割るのだと明かしていました。

というのも、以前レコード会社の方と話をした際に、「大体グループっていうのは、女と金で揉めるんだ」という話をされたというゴスペラーズのメンバー。

女性問題については、何があるかわからないので揉めるのは仕方がないということになったそうなのですが、「金の問題だったら今すぐ解決できるぞ」と言われ、「(ギャラを)5等分にするか?」という提案に、「いいっすよ!」と二つ返事で返したのだというのです。

「もちろんゴスペラーズの仕事も5等分ですし、僕ソロ活動もしてるんですけど、それも5等分」と、グループ活動でのギャラもソロ活動でのギャラも全てメンバーと分けていることを明かした黒沢さん。

これには「えー!? ソロの売り上げもですか!?」と、ノブさんも両手を広げて驚いていました。

■「その理論でいくと…」松本のとんでも仮説に大爆笑!

どんな仕事の報酬もきっちり5等分しているという黒沢さんの告白に、「逆に揉めそう」との意見もありました。

ノブさんも、「あのメンバーだけ、やけに暇そうやな、とかないんですか?」と、メンバー同士の仕事量の違いについて疑問を投げかけました。

これに、「割とね、みんな真面目に働くんで。サボってるやつはいないんですよね。何かしらやってるんで」と、仕事量などでのトラブルはないのだと答える黒沢さん。

すると、松本さんから「その理論でいくと、1人の女性も5等分?」と、とんでもない仮説が立てられ、スタジオは大爆笑。

「無理です5等分!」「スケジュール組むの難しいなぁ!」と、スタジオメンバーから総ツッコミを受けていました。

ネット上では、「ピンの仕事も5等分!?」「これも5等分ってマジか」「5等分のゴスペラーズ」と、ゴスペラーズの給料事情に、視聴者も驚いた様子でした。

ゴスペラーズの結成秘話やギャラ事情など、普段は聞くことのできない一歩踏み込んだエピソードが盛りだくさんでしたね。

話の内容から、ゴスペラーズのメンバーの仲の良さも感じられたのではないでしょうか。

【番組情報】
人志松本の酒のツマミになる話
https://tver.jp/episodes/epuobfwp6d

(文:椎七みつばち/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.