クロちゃん、パチンコ屋で「ゴリゴリの悪口書いてる人」に遭遇…意外な結末に!

投稿日:2022/06/30 10:31 更新日:

6月29日放送の『2分59秒』(テレビ朝日)では、安田大サーカス・クロちゃんがSNSで遭遇した奇跡を明かす場面があり、説得力のあるトークに注目が集まりました。

クロちゃん

(画像:時事通信フォト)

■クロちゃん、ツイートに100、200の罵詈雑言…「『何の状況なんだろう?』と思っていた」

ゲストが制限時間2分59秒でスピーチを展開するこの番組。

今回の放送では、クロちゃんが出会ったSNSモンスターの実態について話す場面が。

クロちゃんは「Twitterとかで大炎上してるんですけど」と、自身のSNSでの状況を語り始めます。

5年前、ダイエットのため「歩いて帰る」とつぶやきながらタクシーで帰宅したり、「筋トレします」との写真を載せながら何もしていなかったり、「これで大炎上が始まったんですけど」と、振り返るクロちゃん。

嘘のツイートがバレてしまってからは、「おはよう」とつぶやけば、「永眠してください」など辛辣なコメントが寄せられるようになったそう。

さらに、「1個のツイートに100、200の罵詈雑言が来るようになって…」「『何の状況なんだろう?』と思っていた」と、戸惑いを隠せなかったと明かし、笑いを誘いました。

■クロちゃん、パチンコ屋で「ゴリゴリの悪口書いてる人」に遭遇…意外な結末に!

クロちゃんのSNSでの大炎上が始まった頃、大阪のパチンコ屋でのイベントである女性に出会ったそう。

その女性から、「クロちゃんのTwitterに私、辛辣なこと結構書いてますよ」と告げられたそうで、すぐさまアカウントを確認したと明かすクロちゃん。

すると、「3本の指に入るぐらいゴリゴリの悪口書いてる人で」と、衝撃の事実が発覚したと語り、「刺されるんちゃうかな?」と、戸惑ったと語ります。

しかし、その女性からは心のこもった優しい差し入れを貰ったそうで、嬉しくなったクロちゃんはその夜、「僕のフォロワーさんはアンチはいません。ファンかヤベー奴だけだ」とつぶやいたそう。

「そしたら、『うちらのこと"ヤベー奴"って言いやがった』って、また炎上しちゃって」と、永遠に炎上のループに陥ったと暴露し、笑いを誘います。

さらに昨年、新型コロナウイルスに感染した際も大炎上した経験から、クロちゃんはアンチコメントに対し、「その人たちって全部僕のこと見てくれたりとかしてるから」と分析。

「愛情の裏返しの可能性も高いんですよ」と真剣な表情で語り、「楽しく生き抜いてください!」と締めくくったクロちゃんでした。

■クロちゃんの大炎上にジュニアがツッコミ!「常に燃えてんねやん!」

クロちゃんのスピーチを聞いた千原ジュニアさんは、「凄い愛情表現やなぁ〜」「わからへんよな、そんなん」と、感心した様子でコメント。

何をしても炎上してしまうクロちゃんに、ジュニアさんは「常に燃えてんねやん!」「高野山のロウソクみたいな」とツッコミを入れます。

すると、クロちゃんは「僕、薪をくべてるつもりないんですけど」と冗談を交え、盛り上がりました。

ネット上では、「今日のクロちゃんは好感が持てるな」「クロちゃんwww燃えるぞwww」「いつも辛辣なメッセージを入れる人に遭遇したけど実際は優しい人だったってやつ良かった」などの声が上がりました。

アンチコメントともしっかりと向き合うクロちゃんのトークには説得力がありましたね。

【番組情報】
ネオバズ!! 2分59秒
https://abema.tv/video/episode/90-1578_s1_p38

(文:葉加瀬ミカ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.