『あな番』田中圭の歌唱力はプロから見てどうだったのか?大物作詞家が告白「やっぱり俳優なので…」

投稿日:2022/06/18 12:02 更新日:

6月17日放送の「MUSIC BLOOD」(日本テレビ系)では、秋元康さんと乃木坂46のメンバーがゲストとして登場。秋元さんはMCの田中圭さんの印象を明かし話題を集めました。

田中圭

(画像:時事)

■『あな番』田中の歌唱力はプロから見てどうだったのか?大物作詞家が告白「やっぱり俳優なので…」

MCの田中圭さんは、秋元さんが企画・原案を担当したドラマ「あなたの番です」(2019年/日本テレビ系)で主演を務めました。

また、田中さんが劇中の役名・手塚翔太名義でリリースした楽曲「会いたいよ」の作詞も秋元さんが担当。

田中さんは、「レコーディングまで見ていただきまして、本当にありがとうございました」と、秋元さんに感謝を伝えます。

MCの千葉雄大さんに、田中さんの印象を尋ねられた秋元さんは、「すっごい歌が上手いんで、ビックリしました」とコメント。

続けて、「でも本人はやっぱり俳優なので、『歌う事が嫌だ!』って、ずっと抵抗してたんですよね」と、裏話を明かしました。

■秋元が作詞術を明かす

秋元さんは、自身がプロデュースするアイドルグループの楽曲の作詞も担当。

千葉さんが、「作詞ノートみたいなとこでストックしてるっていうよりは、その時に…?」と問いかけると、秋元さんは「そうなんですよ。よく企画メモとか作詞の素材ノートみたいなのつけるんですかって言われるんですけど。『この言葉いいな』とかって書き留めたりすると…それを分解しちゃってるみたいで」と答えます。

続けて、「それよりも、何となく無意識のうちに、頭の中のどっか…リュックサックってよく言うんですけど」とコメント。

「"リュックサック"の中に、どんどんどんどん知らないうちに入れてて、さぁ詞を書こうとした時に…。それが最近の言葉じゃなくても、『恋するフォーチュンクッキー』のようにず~っと昔の"フォーチュンクッキー"って言葉を、思い出す言葉もありますし」と、自身の作詞術を明かしました。

■和田が秋元に聞きたい事とは?

ここで、乃木坂46・和田まあやさんは、「ご自身で書かれた歌詞をカラオケで歌う事があるのかな? って聞いてみたいなって」と質問。

秋元さんは、「詞を書いただけであって…。別にね、僕はメロディーを作ってるわけでも歌が上手いわけでもないので、自分の歌を歌う事はないかな」と答えます。

ちなみに、秋元さんは長渕剛さんの「乾杯」と尾崎豊さんの「I LOVE YOU」を好んで歌うとのことでした。

今回の放送にはネット上で、「真剣な表情で秋元先生のお話を聞く圭くんの美しさにドキドキ」「『会いたいよ』大好きです。秋元先生本当にありがとう。圭くん、歌ってくれてありがとうございます」「そうか圭くんの緊張はそこからか、それは確かに嬉し恥ずかしの変な緊張だね!でも秋元さんにそう言って貰えるんだから本当に上手いんだよ。上手いとは思ってたけど!」などのコメントが上がっています。

名だたるアーティストの作詞を担当してきた秋元さんが、「すっごい歌が上手いんでビックリしました」と、田中さんの歌唱力を絶賛したのが印象的でしたね。

【番組情報】
MUSIC BLOOD
https://tver.jp/episodes/ep1wk1j72z

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.