純烈・小田井涼平、恩師・藤村俊二からファンサービスの大切さを学んでいた!?

投稿日:2022/06/16 10:26 更新日:

6月15日放送の「ニュースLIVE! ゆう5時」(NHK総合)では、純烈・小田井涼平さんがVTR出演。小田井さんは恩師・藤村俊二さんについて語り話題を集めました。

小田井涼平

(画像:時事)

■小田井の背中を押した藤村の言葉とは?

上京した28歳の時に、藤村さんに出会った小田井さんは芸能の仕事を学ぶため、藤村さんの付き人を務めました。

小田井さんは「東京出て好きな事やろうとしてたわけじゃないですか、自分の中ではこれは親不孝やぞという気持ちがものすごいあったんですよ。収入が安定しなくなるし、でも、やりたいって気持ちの方が先立ってるから」と当時を回顧。

それでも、小田井さんは「男はね40歳までは貯金なんてしなくていいからって、どんどんお金使いなさい。その代わり40歳になったらお金貯めなさいって言われたんです。それがめちゃくちゃ嬉しかったんです。40歳まではええんやと思った」と藤村さんの言葉に背中を押された事を明かします。

■小田井、恩師・藤村からファンサービスの大切さを学んでいた!?

"スーパー銭湯アイドル"として活動する小田井さんは、ファンサービスの大切さを藤村さんから学んだとのこと。

藤村さんのファンサービスについて、小田井さんは「藤村さんがたまたま舞台をやられてたんですよね。その舞台終わるとお客さんと最後終わった後に歓談タイムみたいのがあるんですよ。藤村さんも普通にお話に答えられていて、すごいなと思った」と話を切り出します。

続けて、小田井さんは「それは舞台とかコンサートに限らずお客様に対する演者のスタンスというか。こういう風にやるのが一番正しいというか一番正解なんだろうなって見ててお客さんすごく嬉しそうやし」とコメント。

また、小田井さんは「純烈始まった時に藤村さんがあん時に来たお客様に対しておもてなしをしていた姿勢っていうのは、まさか俺ここでこれがつながるとは思わんかったなって思いながらフラッシュバックしてましたね」と藤村さんから学んだ事が純烈の活動にも生かされている事を明かします。

その後、付き人を辞めた小田井さんは藤村さんと再会。小田井さんによると「結果、僕のところで修行するという道は選ばなかったけど、でも君は自分で自分の道を選んで自分の力でここに来たんだから、それは僕はすごいと思う。自分の道信じて生きてきて良かったなって、僕も誇らしく思うよ」と優しい言葉をかけてくれたとのこと。

■小田井、純烈脱退後にリポーターを目指す?

小田井さんは、2022年をもって純烈からの脱退を発表。

VTR終了後、インタビュアーを務めた小松宏司アナウンサーは、「そして脱退の真の理由という事についても、この番組に話してくれまして。100%のパフォーマンスというのをこのあと歳を重ねる中で、できなくなってしまうんじゃないかと、それがグループに大きな影響を与えてしまう、ここの部分は涙を流されながら話をされていました」とコメント。

さらに、小松アナは「リポーターになりたいんですって。色々やりたい中のうちの1つがリポーター」と小田井さんは純烈脱退後はリポーターを目指している事を明かします。

今回の放送にはネット上で「小田井さんが藤村俊二さんの付き人してたって初めて知りました。一人になってレポーターのお仕事出来るといいですね。頑張れ〜」「藤村俊二さんの付き人
されてたんですね??でも藤村俊二さんの言葉が無かったら今の小田井さんはいなかったのかなはじめてお話されたですね聴けてよかったです」「小田井さんの藤村俊二さんの存在が、大きいのだと思いました。それだけ、影響を受けて、今に至るのだと思います」などのコメントが上がっています。

再会した小田井さんに「僕も誇らしく思うよ」と伝えた藤村さんの言葉が素敵ですね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.