"M-1王者"笑い飯・哲夫の現在がスゴイ!アレの使い方も「日本で一番上手いんちゃいますかね」

投稿日:2022/06/15 15:08 更新日:

6月14日、「爆問×伯山の刺さルール!」(テレビ朝日系)では、笑い飯・哲夫さんの現在の活動に密着。芸人含め3つの仕事を掛け持ちする哲夫さんの姿に注目が集まっています。

哲夫

(画像:時事通信フォト)

■"M-1王者"笑い飯・哲夫の現在がスゴイ!アレの使い方も「日本で一番上手いんちゃいますかね」

今回の放送では哲夫さんの活動に密着。

すると、何やら軽トラックで移動を始める哲夫さん。

向かった先は畑。実は、奈良県桜井市にある実家が農業をしており、約6年ほど前に哲夫さんが引き継いだのだそう。

畑では、トマト、ズッキーニ、かぼちゃ、ネギなど20種類もの野菜を哲夫さん一人で育てています。

特に、ピーマンは多く採れるため、直売所へ持って行き、販売もしているのだとか。

芸人の仕事が入っている時でも、週2~3回は畑に出て農作業をしているという哲夫さん。

「時間の使い方っていうのも、日本で一番上手いんちゃいますかね?」と、自信ありげに語ります。

さらに野菜作りだけでなく、田んぼで米作りも行っている哲夫さん。

「米を買うっていうことを僕、知らなかったんですよ、高校まで。各家庭で米作ってるもんやと思ってました」と、米は家で作るのが当たり前の環境で育ったことを明かします。

哲夫さんの田んぼは約450坪あり、750㎏ほどの米が収穫できるそう。

■哲夫が経営する塾でアノ人気芸人が講師をしていた?

農業だけでなく、哲夫さんにはさらなる副業が。

それは、塾の経営。現在大阪市に小中学生対象の学習塾・寺子屋こややを開業しているのです。

8年前に哲夫さんが出資して始めた塾だそう。

哲夫さん自身が教壇に立つこともあるこの塾には、他にも驚きのシステムがあります。

哲夫さんいわく、「若手芸人の子らにバイトの先生やってもらってるんですよ」とのこと。

売り出し中の若手芸人が教壇に立ち、子どもたちに勉強を教えているのだそう。

その趣旨について、哲夫さんは「面白い人に教えてもらったほうが勉強の意欲湧きますし、芸人は芸人で、子どもらにモノ教える時に、すごい話芸を駆使しないといけないんで、話芸の上達にもつながるWin-Winの関係」と語ります。

かつては、霜降り明星・粗品さん、アインシュタイン・酒井ゆずるさんら、現在ブレイク中の芸人も教えに来たことがあるのだとか。

■人格者・哲夫の姿に視聴者「カッコよかった」

教育者としての一面を持つ哲夫さん。

塾の経営だけでなく、大学の客員教授として仏教の講義を担当する様子も紹介されました。

今回の放送に対し、ネット上では「笑い飯の哲夫さんの生き方は羨ましいと思った」「笑い飯哲夫が人格者というか発想が坊さんのそれ」「哲夫さん輝いていてカッコよかった」との声が上がっています。

お笑い芸人、農家、教育者と、さまざまな分野で活躍する哲夫さんの姿に、感銘を受けた視聴者も多かったようですね。

【番組情報】
爆問×伯山の刺さルール!
https://tver.jp/episodes/ephnslfaez

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.