「朝からすいません」木村拓哉のいきすぎた冗談に焦ったアナウンサー、カメラに向かって叫ぶ一幕…満島ひかりが見た現場での姿とは

投稿日:2022/06/09 16:04 更新日:

6月9日放送の「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)では、木村拓哉さんがVTR出演。木村さんは撮影現場で人一倍気を配る理由を明かし、話題を集めました。

■「朝からすいません」木村のいきすぎた冗談に焦ったアナウンサー、カメラに向かって叫ぶ一幕…

山本雪乃アナウンサーは、現在放送中のドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)で主人公・桐沢祥吾を演じる木村さんを取材。

ドラマの反響について、木村さんは「第1話のオンエアが皆さんに受け取っていただいた後に、『どこまで腐ってんだこいつ』っていうリアクションが多かったので」とコメント。

この話を聞いた山本アナは、「でも、どんどん話が進むごとに本当に顔が変わっていくっていうのが」と指摘すると、木村さんは冗談で「若干ちょっとですね、整形の方しまして」と話し、笑いを誘うことに。

続けて、山本アナがカメラに向かって「嘘ですよ!」と訴えかけると、木村さんは「朝からすいません」と謝っていました。

■満島が見た木村の現場での姿とは

また、共演者の満島ひかりさんによると、撮影現場での木村さんは人一倍気を配っていたとのこと。

そのことについて木村さんは、「みんなが何をやってくれているか把握した方が、何か自分のアクセルを踏み込みやすくなるというか。みんなのモチベーションが、自分が実際に何か動く時のモチベーションなりますし」と、スタッフ1人1人にまで気を配る理由を明かします。

続けて、山本アナが「お互いに刺激というか」と問いかけると、木村さんは「自分だけの作業じゃないから。必ず相手役がいてくださるし、それこそ技術チームがいてくれるので、そこは一人で頭でっかちになる事はあんまりないですかね」とコメント。

さらに、木村さんは「現場に職人がいてくださると『これでいいんじゃねぇの』っていうぬるい感じがなくなるんですよ。あんまり妥協しないっていうか」と話すと、感銘を受けた山本アナはカメラに向かって「私も職人の1人に入れるように頑張ります」と誓いを立てます。

しかし、山本アナの目線のわずかな動きも見逃さなかった木村さんは、「今、目泳ぎましたよ」とツッコミを入れていました。

■タイムリーな企画に反響

また、9日に最終回を迎えるドラマの見どころを聞くと、木村さんは「生きる希望を持ってなかった男が、何を生きる希望にできたのかっていうのは、非常に皆さんと共有できる部分になっていると思うんで、ぜひ共有していただけたらなっていう風に思ってます」とコメント。

山本アナが、「ありがとうございます。すいません、撮影前にお時間いただきまして」と感謝を伝えると、木村さんは「台詞入れてきたんですけど、全部飛びました。話してたら全部飛びました」とボケて、笑いを誘うことに。

今回の放送にはネット上で「気配りの木村くん満島さんのリアクション恋する乙女で可愛い」「何だかとっても穏やかな顔してる素敵だ拓哉さん」「『インタビューしてたらセリフ全部飛んだ』と木村くん撮影現場でプロの仕事をする職人好きの木村くんでした」などのコメントが上がっています。

山本アナも感銘を受けていた、木村さんが撮影現場で人一倍気を配る理由が素敵ですね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.