杉野遥亮、彼女にイエデンする"あるある"披露!?「お父さんが出ちゃった時の…」

投稿日:2022/06/01 14:05 更新日:

毎週火曜日に放送されているラジオ番組「杉野遥亮の今夜もオフトーク supported by SOYBIO 豆乳ヨーグルト」(TOKYO FM)。5月31日の放送では、杉野遥亮さんが公衆電話の思い出から中学生時代の恋人とのエピソードを明かし、話題となっています。

杉野遥亮

(画像:時事)

■アメリカの公衆電話が撤去で杉野「芸術の一環として残しておけばいいのに」

番組では、杉野さんが気になったニュースをチェックしていく流れになり、アメリカのニューヨークで公衆電話が撤去された話題に。

「これはちょっとどうなんだろうね。時代が変わって、一周回って、『この公衆電話がいいんじゃん』って思ってる今だから。これどうなんだろうね」と、このニュースに興味津々の杉野さん。

「なんかさ、何、芸術の一環として残しておけばいいのに。何でわざわざ撤去するんだろう」と、決断には納得していない様子です。

「土地代ってこと? 誰かが土地代払ってるのかな?えー、勿体ない」と話しつつも、「だったら市が買えばいいのにね、そこ」と提案。

「えー。アメリカで最後の」と続け、公衆電話が街中から消えることを惜しみました。

■杉野は公衆電話を使ったことある世代!

杉野さん自身も公衆電話にまつわる思い出があるんだとか。

「自分なんて小学校とか、中学校とか、俺が塾行く時とかなんて、やっぱり母親とか父親にね、電話する時、公衆電話使ったもん」と、自身の学生時代に両親への連絡手段として使っていたことを明らかに。

「えっとね、カードのやつかな。カードをこうピッって入れて、ポチポチポチって押してね、やったりしたし」と続け、公衆電話が使えることをアピールしました。

■杉野、彼女にイエデンする"あるある"披露!?「お父さんが出ちゃった時の…」

また、学生時代の恋人とも公衆電話の思い出があるそうです。

「あと、自分のなんか中学生の頃に付き合ってた子とか、それだったんじゃないかな、電話」と切り出すも、即座に訂正。

「違う、イエデンだ」と話し、公衆電話の流れから話題は固定電話へと移ります。

「イエデンなんて俺持ってないもん、しばらく。一人暮らししてから、イエデンなんて持ってないからさ」と話す杉野さん。

固定電話について、学生時代のエピソードを用いて、「あれはねー。今の子とかどうなの? 連絡手段がさ、自分は携帯持ってるけど、向こうの子が携帯持ってなくて。だからイエデンにかけるしかないんだけど、お父さんが出ちゃった時のあのドキドキ感とかっていうような話だよね」と、当時のドキドキ感を伝えました。

「自分が小さい頃ってそういうの話してる人を『古いな』って思ってたけど、もう今の俺のこの価値観って古いのかな?」と心配しつつも、「いやーでも、そんな自分好きだけどね」と、持ち前の"杉野遥亮節"で解決。

最後は「なんか良くも悪くもな気がするけどな、公衆電話撤去とか。寂しい」と締め括っています。

ネット上では、「わかる!芸術として残せばいいのにね。昔のもの全部無くすのは寂しいよ」といった杉野さんの意見に共感する声、「公衆電話使う杉野くん想像して、かわいすぎ」といったファンの声が多かったです。

その他にも、「お父さんが出ちゃった時あのドキドキ感!」や「わかるー!!家電から彼氏ん家にかけるのドキドキしてた」と、杉野さんの固定電話エピソードに対するリアクションも見られました。

杉野さんの公衆電話と固定電話のエピソードは、ファンの方にとって嬉しい貴重な情報になったのではないでしょうか。

【番組情報】
杉野遥亮の今夜もオフトーク supported by SOYBIO 豆乳ヨーグルト
https://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20220531213000

(文:横浜あゆむ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.