近藤サト、番組NGを激白「ちょっとウチの番組は遠慮してもらえませんかっていうのが結構ありました」

投稿日:2022/05/28 10:32 更新日:

5月27日、近藤サトさんのYouTubeチャンネル「サト読ム。」では、近藤さんが着物について語る動画を公開。その中で、近藤さんが着物でテレビに出るようになったきっかけを明かし、注目を集めています。

近藤サト

(画像:時事)

■近藤、番組NGを激白「ちょっとウチの番組は遠慮してもらえませんかっていうのが結構ありました」

着物でテレビに出ようと思ったきっかけについて、近藤さんはまず「私も、私の所属事務所も、スタイリストさんを知らなかった」と言います。

「私の所属事務所はですね、声の事務所なんですよ」「声のことなら任せて下さい、誰にも負けません。でも、衣装って言われたら何にもわかんないんですよ」と近藤さん。

近藤さんの所属事務所はアナウンスやナレーションなどの声の仕事に特化した事務所であり、衣装面については疎いそう。

そこで、テレビ用の衣装をどうするか考えた挙句、「最初は自前で出てたんですけど、そんなもの2、3回で尽きますよね。で、買ってっていうのも馬鹿らしいですよね。ていうことで『着物ならあります』ということで」と、自前の着物を着ていくことになったと言います。

しかし「最初はね、やっぱり着物って一般的じゃないから」と近藤さん。

「たとえば古典芸能とか伝統文化とか、そういったことに従事してる人たちが着るのはわかるけど、ナレーターでフリーアナウンサーで近藤サトがなぜ今日着物を着ていた? っていうところの意味が分からないので、『ちょっとウチの番組は遠慮してもらえませんか』っていうのが結構ありました」と、着物NGの番組が多かったことを明かします。

しかし、番組によっては「『いいっすよ』ってすごい適当な番組もたまにあるわけですよ」と近藤さん。

着物OKの番組に出演するうちに、だんだんと「近藤サトって着物だよねっていうイメージが定着してくれた」と語ります。

■近藤が浴衣をすすめる理由「下手したら洋服より速い」

ここで、スタッフから「着物を毎回着るって大変では?」との質問が。

近藤さんは「大変です、確かに。最初は」と前置きしつつ、「だけど、大変な着物と大変じゃない着物があるっていうのを知ってほしい」といいます。

そして、自身が着ている浴衣を指し「これ、5分です」と、着替えに要した時間を答える近藤さん。

「下手したら洋服より速いですよ」と言い、「だから、まず浴衣から始めたらどうかっていうのはあるんですけど」と、着物の着替えに慣れるにはまず浴衣から始めることをすすめます。

一方、パーティなどのきちんとした場に着ていく着物の気付けは30分以上要することもあるそう。

「私が普段スタジオに着て行ってる着物は、速い時は(着付けは)15分です」と近藤さん。

「でも、余裕を持って、30分から40分くらいの余裕を見て家で着ていきます」と、テレビ出演の際に要する着替えの時間について明かしました。

■動画では近藤サト秘蔵の着物コレクションも披露

動画では他にも、近藤さんの着物コレクションの中から「テレビだと残念な着物」「人生で初めて買った着物」「形見分けの男性用着物」を紹介してくれました。

今回の動画に対し、ネット上では「面白い!」「着物はNGとははじめて聞きました」「男性からすると着物ってハードル高いイメージがあります」との声が上がっています。

すっかり着物のイメージが定着している近藤さん。

着物でテレビに出始めた意外なきっかけに驚いた視聴者も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
サト読ム。
https://www.youtube.com/watch?v=lpcvAi43F90

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.