及川光博、王子様キャラで悩んだ過去…恩師・美輪明宏の助言とは?

投稿日:2022/04/23 17:27 更新日:

4月23日放送の「土曜スタジオパーク」(NHK総合)に、美輪明宏さんと高瀬耕造アナウンサーがゲストとして登場。美輪さんと親交のある及川光博さんがメッセージを寄せ、話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■及川、美輪との思い出を明かす

今回のゲストは、4月から月1回のレギュラー放送が始まった「美輪明宏 愛のモヤモヤ相談室」(NHK Eテレ)に出演する美輪さんと高瀬アナ。

美輪さんをよく知る人物としてVTRで登場した及川さんは、「印象的だったのは、一番最初にお会いしたトークショーだったんですけれども。当然、楽屋にご挨拶に行きたいとスタッフに伝言してもらったんですけれども…。そしたら返ってきた言葉が、『いや、そんな野暮な事はしないの、舞台で会いましょう』」と、話を切り出します。

「で、もちろん僕はもう緊張していて…ステージの上手下手から2人で登壇して、センターで会うと。いや、本当にもうすっごい緊張していたんですが、自然と跪いて自然と美輪さんの手の甲にキスをしたっていう…。まあ人生変わりましたね」と、美輪さんとの忘れられない思い出を明かしました。

30歳前後に人間不信に陥った及川さんは、美輪さんに相談。

及川さんによると、この時、美輪さんは「ミッチーちゃん、人間誤解されて当たり前。本当のあなたなんて誰も知らない、人間関係腹六分」と助言してくれたとのこと。

また、及川さんが「腹八分じゃダメなんですか?」と尋ねたところ、美輪さんは「腹八分だとお腹いっぱいになっちゃうじゃない。お腹いっぱいのお付き合いしていると最終的にろくな事にならない」とアドバイスを伝えたそう。

■及川、王子様キャラで悩んだ過去…恩師・美輪の助言とは?

VTR終了後、ハリセンボン・近藤春菜さんが、「(及川さんは)自称愛弟子という事でしたけど、及川さんはどういう存在ですか?」と尋ねると、美輪さんは「ピュアな人なんですよね。まだデビューしたころ若かったし、だから戸惑って迷ってばかりいて」とコメント。

続けて、「それでね、なんとかの王子様と言って、頭が足りないようなね…そういうキャラで迎えられていたでしょう。本人はそれですごく悩んでいた」と、当時の及川さんは王子様キャラに悩んでいた事を明かします。

「だから、すごく立派だし、教養もあるし、礼儀正しいし、とてもいい青年だから、じゃあ、それを払拭するには新劇のお芝居やりなさい、と。硬い芝居がいいわねと言って…。アチャラカなお芝居も楽しいけど、そうじゃないので、真面目な芝居でね、ちょっと怖いようなのを何作か続けてやると、そろそろ誤解も解けちゃって、それなりの扱いになってくるからそうしなさいって言って」と、及川さんに助言したそう。

また、「彼はやっぱり純情ですからね。すぐそれに切り替えたのね。そしたらすぐに大台にのっちゃったの」と、及川さんはその後、成功をおさめた事を明かします。

今回の放送にはネット上で、「美輪明宏さんがミッチーの心を育ててくれたおかげで今のミッチーでよかった」「美輪明宏さんを語る及川ミッチーさんってなんかお宝(←言い方)お二人共好き」「美輪さまがミッチーのことを話してくださるの、すごく嬉しい。ありがたい。美輪さまあっての今のミッチーです」などのコメントが上がっています。

及川さんが初対面の美輪さんに、「自然と跪いて自然と美輪さんの手の甲にキスをした」というエピソードが印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.