BE:FIRST・SOTA「受かりたいより音楽で成長したい」オーディションで感じた事を明かす!

投稿日:2022/04/14 14:54 更新日:

4月13日放送の「Da-iCE music Lab」(日本テレビ系)では、BE:FIRSTがゲストとして登場。SOTAさんはオーディションで感じた事を明かし、話題を集めました。

■SOTA「受かりたいより音楽で成長したい」オーディションで感じた事を明かす!

2021年、SKY-HIさんが主催したボーイズグループのオーディション「THE FIRST」。そこから選ばれた7人が、BE:FIRSTとしてデビューを飾りました。

先週、SKY-HIさんが出演したのに続き、今回はBE:FIRSTのメンバーがスタジオに登場。

Da-iCEのメンバーと「オーディション」をテーマにトークを展開しました。

Da-iCE・花村想太さんが、「オーディションが進む過程で、だんだん自分の実力とか、周りの実力がわかってくるじゃないですか。そん時に『あれ? 俺勝てるかもな、デビューできるかもな』とは思わなかったですか?」と質問。

すると、BE:FIRST・SOTAさんは、「それこそずっとギスギスしない環境っていうのも…。受かりたいより音楽で成長したいの方向に日高(SKY-HI)さんが持っていくのがすごい上手い。今も振り返っても思いますね」とコメント。

続けて、「なので、この合宿終わったら嫌だなとか、オーディション終わってほしくないっていうのも、メンバーとお別れしたくないのもあるんですけど、ここにいればすごい成長できるのが実感できてるから…。もっとやりたい、この環境で、ずっと歌もダンスも学び続けたいってのがありました」と、自分の成長を実感できた事が大きかった事を明かします。

■RYOKI、SKY-HIの指導法が「腑に落ちた」

また、大野雄大さんが「成長していく中で、合格ラインに達して、メンバーに選ばれたらラッキーだな、ぐらいの感覚に近い?」と問いかけると、SOTAさんは「そうですね。二の次でした、合格は。本当に」と答えます。

さらに、RYOKIさんは「オーディションの時、順位をつけられるんですけど、それやっぱオーディション番組という事が第一前提として、すごく僕達が腑に落ちたのが…。それぞれ順位はつけられるけど、1人1人評価してくれるんですよ」とコメント。

「例えば、誰々と比べて、とかでもないし、君はこうやって伸ばしていこうとか、それぞれの課題をちゃんと1人ずつ与えてくれるんですよ。それが多分、本人も『あの子と比べて俺こうだった、ダメだった』というマインドにならない。っていうやり方をしてくれたので」と、SKY-HIさんの指導で、人との競争ではなく、自分のスキルを磨く事に集中できた事を明かしました。

今回の放送にはネット上で、「SOTAの『受かりたいより音楽で成長したいの方向に日高さんが持っていくのがうまい』しびれる… 答える直前の表情がめちゃめちゃニュートラルでやわらかいのも含めて心が素敵すぎる」「受かりたいより音楽で成長したい合宿終わりたくないって思えるオーディション…すごすぎる」「受かりたいより、音楽で成長したい。名言すぎる」などのコメントが上がっています。

SOTAさんがオーディションについて、「受かりたいより音楽で成長したい」と話したのが印象的で、そういう思考にオーディション参加者を持っていけるSKY-HIさんが素敵ですね。

【番組情報】
Da-iCE music Lab
https://tver.jp/episodes/eph0cp5kvp

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.