「嘘をついた方に合わせるのは」「プロを使った方が」宮迫博之『牛宮城』誤表記問題に賛否の声…

投稿日:2022/03/26 9:22 更新日:

3月25日、宮迫博之さんのYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』では、宮迫さんが経営する牛宮城で提供している和牛について、誤表記を認め謝罪する動画を公開。ネット上で話題となっていた疑惑や、店側の今後の対応を語り注目を集めています。

宮迫博之

(画像:時事)

■牛宮城「雌牛のみを使用」誤表記を認め謝罪

動画冒頭、ネット記事やSNSで世間を騒がせている件について、「お詫びとご説明をさせていただきたいと思います」と真剣な表情で語る宮迫さん。

牛宮城のホームページやメニュー表には、「雌牛のみを使用」と表記されていたにもかかわらず、雄牛を提供しているとの指摘があり、物議を醸していた今回の問題。

宮迫さんは、仕入れ担当に確認したそうで、「実際にメニュー表記と異なる、去勢した雄牛を提供しているということが判明いたしました」と、緊張した表情で説明します。

1日から22日に仕入れた牛22頭のうち、2頭が去勢された雄牛だったそうで、アドバイザーであるガネーシャグループ社長・本田大輝さんは、「組織として管理が徹底できておりませんでした」と説明。

その他にも、「30ヶ月以上飼育されている牛」とメニュー表に記載されているにもかかわらず、遵守できていなかったことが判明。

再発防止に務めると述べ、「誠に申し訳ございませんでした」と謝罪し、2人は頭を下げました。

ネット上では、「予測できないことが色々あると思いますが、一つ一つ乗り越えて頑張ってください応援してます!」「素早い対応!適切な説明で良かったです」「すぐ行動してくれるのが、安心に繋がると思います!」など大きな反響がありました。

■今後の対策に視聴者「間違いを真摯に受け止めて対策を講じる姿は素晴らしいと思います」の声

宮迫さんは、一部で指摘があった「オーストラリア産牛を和牛と偽って提供している」や「A5ランクでない」という点について、仕入れ業者に改めて確認したとのこと。

「そのような事実は全くございません」「去勢された雄牛であっても、等級はA5ランクでございました」と、強張った表情で疑惑を否定します。

続けて、「今後、牛宮城では『30ヶ月肥育』と『雌牛のみ』という表現を取りやめさせていただきたいと思っております」と、今後の対策を神妙な面持ちで説明しました。

視聴者からは、「間違いを真摯に受け止めて対策を講じる姿は素晴らしいと思います」「宮迫さん達が一生懸命取り組んでいる姿は皆がみています」「対策がんばって!」など、対策にも注目が集まりました。

■「嘘をついた方に合わせるのは」「プロを使った方が」宮迫『牛宮城』誤表記問題に賛否の声…

今回の騒動を踏まえ、改めて担当者に話を聴いたという宮迫さん。

「一番良い、一番美味しく提供できるものを選んだ結果、それが去勢された雄牛だったということなんです」と訴えながら、メニュー表記と実際に提供していた肉に差異があったことを認めます。

続けて、「料理人の気持ちとしてより、美味しいのでそこ仕入れてしまったんですけども」「店舗としてはもう間違いなので、えー本当に申し訳ございません」と、宮迫さんは再び頭を下げました。

また、「お客様に美味しいお肉を召し上がっていただく」とのコンセプトが最優先であると明かす宮迫さん。

「その時入った一番美味しいものをお客様に食べていただきたいので、そのお肉を使うことも今後あります」と、去勢された雄牛や30ヶ月未満の牛であっても提供することがあると説明しました。

ネット上では、「嘘をついた方に合わせるのは、どうなんだろ」「自分で自分の首を絞めてますね」「正直、広告宣伝担当に、もう少しちゃんとしたプロを使った方が良い気がします」など、今回の騒動に批判的な見方をする声が上がりました。

一方、「ずーっと応援してます、ちゃんと説明してくれる事はすごいと思います」「いろんな意見を取り入れて、ドンドン変化していくと、最初に言っていたので、引き続き応援しています」「今後の方針の素早い説明良かったと思います。今後も応援してゆきます!」など、応援や励ましの声も多く上がっています。

今後の牛宮城の行方を温かく見守りたいですね。

【番組情報】
宮迫ですッ!【宮迫博之】
https://youtu.be/_HV3jhWBfKc

(文:葉加瀬ミカ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.