セカオワNakajin「約30年の時を経てアカデミー新人俳優賞ですよ」Fukaseが小学生時代に演じた役とは?

投稿日:2022/03/12 17:22 更新日:

3月11日、SEKAI NO OWARI・Nakajinさんが自身のTwitterを更新。
メンバーのFukaseさんについて投稿し、話題になっています。

Fukase

(画像:時事通信フォト)

■可愛らしいエピソードにキュン!

11日に行われた『第45回日本アカデミー賞』授賞式で、新人俳優賞を受賞したFukaseさん。

同じ小学校に通っていたNakajinさんが、当時のFukaseさんについて投稿し、注目を集めています。

Nakajinさんは、「小1の時の学芸会で『おたまじゃくしの101ちゃん』という劇をしたのだけど、自分はタガメの子分BかCらへんで深瀬くんはタガメの親分だった」と、Fukaseさんが演じた役を暴露。

「そこから約30年の時を経てアカデミー新人俳優賞ですよ!めでたーい」と、受賞を祝いました。

この投稿にファンからは、「Fukaseさんおめでとうございます」「タガメの親分からアカデミー賞俳優はすごい!」「同級生だからこそのエピソード」「タガメの親分と子分のお2人を見てみたいです」と、貴重なエピソードにほっこりする声が寄せられています。

当時のことを鮮明に覚えているNakajinさんから、メンバー愛を感じますね。

歌手としても役者としても才能を発揮するFukaseさん。今後の活動からも目が離せませんね。

(文:秋川りす子/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.