小島瑠璃子、高校時代の憧れの先輩に思いを伝える!13年越しの告白の結果は…

投稿日:2022/02/16 14:18 更新日:

2月15日放送の「あのとき告っていればどうなった!?」(日本テレビ系)では、タレントの小島瑠璃子さんが出演。高校時代の憧れの先輩に、当時の思いを伝える小島さんの姿が話題を集めました。

小島瑠璃子

(画像:時事通信フォト)

■小島、高校時代の憧れの先輩に思いを伝える!13年越しの告白の結果は…

今回、小島さんが思いを伝える事になったのは、高校1年生時、芸能界デビュー直前に片思いをしていた先輩・住本純也さん。

小島さんは住本さんについて、「学校で一番イケメンだったんですよ。王子様っぽくて、先輩独自のオーラがあったんです」と当時の思い出を振り返ります。

待ち合わせの場所で住本さんで久々に再会して瞳を輝かせる小島さんは、「もしですよ。もしあの時私がちゃんとはっきり先輩好きなんで付き合ってくださいって言ってたら、どうなってました?」と13年越しの思いを伝えます。

すると、住本さんは逡巡しながらも「たぶんお断りしたんじゃないかな、それは」と返答。

憧れの先輩から振られてしまい、落ち込む小島さんが「何でですか?」と問いかけると、住本さんは「何となくこう知り合ってメールとかはやってたけどさ…。そんなガッツリ話したりって、感じじゃないじゃない? あんまりよく知らないしさ」と本音を吐露。

住本さんの話を聞いた小島さんは、「そうですよね。別にすごい…本当にトントンってメールのやり取りしてるだけですもんね」と納得した表情を浮かべました。

■ゲッターズ飯田の占い結果に小島瑠璃子が苦笑

告白終了後、他の共演者が待つスタジオに戻った小島さんは、自虐交じりに「振られました。13年越しにしっかり振られました」とコメント。

続けて、平成ノブシコブシ・吉村崇さんが「ご結婚は?」と問いかけると、住本さんは「今の所(指輪を)つける予定もなく、(彼女も)今は特にいないです」と返答。

このタイミングでゲッターズ飯田さんが登場。

小島さんがもしも高1の時に告白していたらどうなっていたのか占うと、「住本先輩は決断力はあるんですが…。願って優柔不断なんで押し切ったら本当は落ちたと思います」と指摘。

高校2年生で小島さんの運気が急上昇する事もあって、小島さんは高2の時に住本さんを振っていたと伝えます。

さらに、もしも現在の2人がもしも付き合い始めたらどうなるのかを尋ねると、ゲッターズさんは「小島さんの方が運気だいぶ強くなってきてますんで…。結果、住本先輩また振られると思います」と返答。

結局、住本さんとは縁がなかったという結果に小島さんは思わず苦笑いを浮かべました。

今回の放送にはネット上で、「こじるりが昔の好きな人に再会するっていうなぞの番組やってた普通に面白い」「この企画いいな!!こじるりの好きだった人、確かにイケメン!私もあの時告ってたらどうなってましたかって聞きたい人いっぱいいる笑」「住本先輩かっこよすぎな???こじるりの気持ちわかる」などのコメントが上がっています。

小島さんが高校時代に憧れていた先輩・住本さんにその時の思いを伝えるのが面白かったですね。

【番組情報】
あのとき告っていればどうなった?!
https://tver.jp/corner/f0098094

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.