『水曜日のダウンタウン』"ギリ笑えない"衝撃映像に反響!

投稿日:2022/02/10 14:45 更新日:

2月9日の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、「雪山風船太郎レース」と題した企画を放送。雪山から猛スピードで滑り落ちるハリウッドザコシショウさんの姿が話題を集めました。

水曜日のダウンタウン

■猛スピードで滑り落ちるザコシ

風船太郎さんは「あらびき団」(TBS系)などの番組出演で知られ、自身が巨大な風船に入って行うパフォーマンスが持ち味の大道芸人。

そこで今回は、風船太郎さんに加えて、ザコシショウさん、オードリー・春日俊彰さん、天竺鼠・瀬下豊さん、岡野陽一さん、アキラ100%さん、クールポコ。・小野まじめさん、じゅんいちダビッドソンさんの合計8名の芸人が、"風船太郎スタイル"で雪山を下りるスピードを競う企画に挑戦。

ルールは途中で風船が割れたら失格で、着順上位のみが次のステージに行ける仕組み。

1stステージ、2ndステージの結果、FINALステージにはザコシショウさんと春日さんが進出。

午後8時、気温は-8℃という極寒の中で行われる事になったFINALステージは、傾斜30°の急斜面を70m滑り落ちる非常に危険なコース。

このコースについて春日さんは、「上から見るととんでもない角度の崖よ、崖!」と表現します。

勝負は、スタートダッシュに成功したザコシショウさんがそのまま猛スピードで急斜面を滑り落ち勝利。

しかし、スピードが想像以上だった事もあり、ゴールで待ち構えていたスタッフを防護マットごと吹っ飛ばす衝撃映像が地上波で流れる事になります。

そんなスタッフの奮闘もあり、ザコシショウさんはそれ以上転がり落ちる事なくその場でストップ。

一方で、遅れた春日さんも防護ネットにぶつかり、風船が割れ転げ落ちそうになったところをスタッフが抱きかかえるようにキャッチし、なんとか無傷で生還。

そんな春日さんは、「スタートしてピョンピョンってやった後、地面が消えるのよ」と話し、レースを振り返ります。

検証結果は、「第1回雪山風船太郎レース怪我人ゼロ」となりました。

■『水曜日のダウンタウン』"ギリ笑えない"衝撃映像に反響!

VTR終了後、ダウンタウン・松本人志さんは、「何か僕、大して興味ない感じでしたけど、めちゃくちゃ面白かった。盛り上がっちゃいましたね」とレースに見入った事を明かします。

また、現場でレースを見ていた岡野さんは、「今年見たものの中で一番速かったです。本当に」と話すと、アンタッチャブル・山崎弘也さんは「何となくだけど 現場は笑えるスピード感なの?」と質問をぶつけます。

すると、岡野さんは「あの…ギリ笑えないぐらい」と本音を吐露。

今回の放送にはネット上で「テレビつけたら瞬間、風船太郎レースしてて、最後のレース笑った。もうあれは事故映像よw」「止めなきゃやばいというスタッフさんの気概を見た」「滑り降りてきたザコシにぶっ飛ばされたスタッフが今回のMVPだったな1番面白かった」などのコメントが上がっています。

ザコシショウさんと春日さんを必死にキャッチするスタッフさんの活躍が印象的でしたね。

【番組情報】
水曜日のダウンタウン
https://tver.jp/corner/f0097607

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.