音声SNS『Clubhouse』はどこ行った?急激な衰退の原因をロザンが考察「ほんとに皆すごい言ってたやん」

投稿日:2022/02/05 15:23 更新日:

2月4日、お笑いコンビ・ロザンのYouTubeチャンネル「ロザンの楽屋」では、音声SNSアプリ・Clubhouseついて語る動画を公開。急激に話題に上らなくなった原因をロザンが考察し、注目を集めています。

スマートフォン

■音声SNS『Clubhouse』はどこ行った?急激な衰退の原因をロザンが考察「ほんとに皆すごい言ってたやん」

冒頭で「ネット上の記事を読んだんですけど…」と切り出す宇治原史規さん。

「Clubhouseってどうなったん?」と言い、相方の菅広文さんも「あー! 面白い! ホンマやな」と声を上げます。

「ものすごい一時期話題になりまして」と宇治原さん。

Clubhouseは招待制の音声SNSアプリで、有名人の話を聞けたり、コミュニケーションを取ったりできる点が魅力。

以前はニュース番組などでもかなり取り上げられていたものの、宇治原さんは「急激に聞けんようになって。こんな早いことあんの?」と、Clubhouseがあまりに早く衰退していったことを指摘。

菅さんが「(話題から消えるのが)今早いな、もう」と言うと、宇治原さんは「今早いけどさ、いや最速やろ? Clubhouse」と言います。

宇治原さんによると、ネット記事に書いてあった分析としては、Clubhouseは収益化がしにくいため、インフルエンサーらが離れて行ったのが衰退の原因ではないかとのこと。

宇治原さんとしては、衰勢が収益化に左右されること自体が「風潮としてどうなんだろう」と疑問を呈します。

また、宇治原さんは「ほんとに皆すごい言ってたやん、Clubhouseって」「『すごい面白い』とか『これからは~』とか。あれこそ言ってる人って、どういう気持ちなんかなっていうのもちょっとあんねん」と、当時Clubhouseを持ち上げた発言をしていた人が今どう思っているか知りたいといいます。

■菅が持論「聞き苦しいとこあったんじゃない?」

宇治原さんの話を受け、菅さんは「今やってることってClubhouseに近いやん」と、「ロザンの楽屋」自体がClubhouseに近いとコメント。

「俺らがやってることを見てもらって、コメント欄にバーッと書いてくれてるわけやんか。結局これってClubhouse的なことやんか」と言います。

そして「これが、じゃあ何で流行らへんかったかって要因を考えた時に、このコメントが全部音声でバーッて飛び交ってきてるってことでしょ」「やっぱり、聞き苦しいとこあったんじゃない?」と、音声アプリならではの問題点を指摘。

宇治原さんも「音声で入ってきてしまうと、聞かないといけないからね」と同意します。

■ロザンのクラブハウス論に視聴者「まさに思っていたこと」

約12分間の動画で、Clubhouse衰退の要因について議論したロザンの2人。

今回の動画に対し、ネット上では「菅さんの言うような原因があったんでしょうね」「まさに思っていたことが話題になってびっくり!」「言われてみればそうですね…最近は流行り廃りの流れが昔よりもずっと速いような気がします」との声が上がっています。

今回の動画でClubhouseを思い出したとのコメントも見られました。

現在は下火になってしまいましたが、またClubhouseが盛り返す時が来るかもしれませんね。

【番組情報】
ロザンの楽屋
https://www.youtube.com/watch?v=9FXPr_uW-Wo

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.