神木隆之介、海外留学を検討していたと告白!「今は良かったなって思えてる」

投稿日:2022/01/12 13:58 更新日:

1月11日放送の「バタフライエフェクト あの日があるから今がある」(NHK総合)に、佐藤健さんと神木隆之介さんが出演。神木さんが人生のターニングポイントになった瞬間を明かし、話題を集めました。

神木隆之介

(画像:時事通信フォト)

■佐藤の人生を変えた日とは?

司会の井上あさひアナウンサーから促される形で、佐藤さんが目の前の日記を開くと、そこには「2005年4月28日 佐藤健さんのバタフライエフェクト」の文字が。

続けて、井上アナが「この日、佐藤さんに何が起きたか覚えていらっしゃいますか?」と話を振ります。

すると、佐藤さんは「これはですね、僕が高校2年生の時に…埼玉出身だったので、基本的には埼玉県内で遊ぶんですよ。なんですけど、初めてかな、2人で、男友達2人で原宿に行って、人生で初めて『うわっこれが竹下通りか』っていうふうに驚いてるところを…」とコメント。

続けて、「何て言うんですか、スカウトをしてくれる方に声をかけられて、『アミューズという会社の者ですけど』って名刺を渡されて」と、スカウトされた日だった事を明かします。

この話を聞いた神木さんが、「嬉しかった? なんかその、声かけられて」と問いかけると、佐藤さんは「いや、嬉しいとかじゃないね…。へえ~って感じ、スカウトって本当にあるんだ、都市伝説的なものかと思った。へえって」と話し、本音を吐露。

また、井上アナが「あの日、佐藤さんが原宿に行かなければスカウトされる事もなかったわけですから…。佐藤さんの人生ももちろん、日本のエンターテインメント界も全く違ったものになっていたかもしれません」と伝えると、佐藤さんは気恥ずかしそうな表情を浮かべました。

■神木、海外留学を検討していたと告白!「今は良かったなって思えてる」

さらに、井上アナが「神木さんにとっての人生を変えた日はいつでしょうか?」と問いかけると、神木さんは「変えた日…そうですね。僕は高校卒業近くですかね。大学どうなの? っていう時に、『留学っていう手もあるよ』ってパンフレットを渡されて」とコメント。

続けて、井上アナが「行き先も決まっていたんでしょうか?」と尋ねると、神木さんは「2ヶ所、ニューヨークかイギリスか、みたいな。僕は行かないっていう選択を選びましたけど、行かない選択をして、僕は今は良かったなって思えてるので」と、留学に行かなかったのが人生の中で大きな決断だった事を明かします。

また、佐藤さんが「でも逆にもし行ってたら、神木がどういう人生を送ってたのか、すごい興味深いけどね」と伝えると、神木さんは「すっごいわかる。 今は、『あっ、おはよう』みたいな。『健くん、おはよう』みたいな。(もし留学していたら、)『ヘイおはよう! ヘイワッツ元気? 元気? 元気?』みたいな。『ロックしてないね』みたいな」と、性格が変わっていたかもしれないと話しました。

今回の放送にはネット上で、「神木くんの留学の話知らなかった」「出来ればこれからも健さんと神木くんでずっと番組を継続して欲しいとおもっております」「健さん原宿行ってくれてありがとう、アミューズさんスカウトしてくれてありがとう」などのコメントが上がっています。

佐藤さんはスカウトされた日、神木さんは高校卒業後、留学するかどうか迷っていた時と、それぞれ人生の決断について話したのが印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.