山里亮太、霜降り・粗品の結婚報告が怖かった独特すぎる理由「緊張してる俺がいた」

投稿日:2022/01/06 15:45 更新日:

毎週水曜日深夜1時から放送のTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」。1月5日の放送では、2021年12月30日に結婚を発表したお笑いコンビ・霜降り明星の粗品さんから、事前に山里さんへ連絡があったと明かし、話題となりました。

山里亮太

(画像:時事通信フォト)

■山里、粗品の結婚報告が怖かった独特すぎる理由「緊張してる俺がいた」

昨年末を振り返りながら、山里さんは「俺、初めてかな? 粗品から連絡もらって。電話は出れなかったんだけど、嬉しくなっちゃって。粗品って、俺に結婚の連絡してくれるんだ! と思って。粗品の思う先輩のところにいないと思ってたから、俺みたいな奴。え、俺のこと先輩だと思ってくれるんだ! って」とコメント。

すると、電話があった翌日、お笑いイベント「YOSHIMOTO presents DAIBAKUSHOW 2021」で楽屋が一緒になったそうで、山里さんは粗品さんから直接「結婚することになりました」と報告を受けたそうです。

嬉しい報告を素直に喜びながらも、「粗品ぐらいセンスバッキバキの後輩が結婚の報告をしてくれたことに、恥ずかしながら緊張してる俺がいたわけよ。そうなると、結婚の報告をしたあとのリアクション? 粗品の目って、多分スカウターみたいになってて。お笑いを数値化されそうで怖い」と本音を明かし、周囲を笑わせた山里さん。

粗品さんの結婚報告に対して、先輩としてどうやって面白くお祝いの言葉を返そうかと考えたそうです。

■どうにかして面白くお祝いしたい…結局出た言葉に山里「恥ずかしいよ」

そんな時、お笑いコンビ・笑い飯の西田幸治さんは、下ネタを交えながら面白く返答して芸人たちを笑わせていたのだとか。

それを見た山里さんも、同じく下ネタを用いてコメントしようとしますが、ちょうどそのタイミングで相方の"しずちゃん"こと山崎静代さんが楽屋に入ってきてしまったそうです。

山里さんは、「女性の相方が入ってきて、挨拶の前に下ネタの話をするっていうのは時代的に合ってないな、という妙な真面目さが働いてさ。結果、粗品に言ったセリフが『幸せにね』って」と明かし、周囲は大笑い。

悩んだ結果、一番シンプルなお祝いの言葉になってしまったため、「恥ずかしいよ」と本音をこぼしてさらに笑いを誘いました。

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「律儀だなぁ~粗品さん」「粗品さん流石だわ」「そのシンプルな『幸せにね』も結果良かったとは思うけどね笑」などの声が上がっています。

粗品さんから、事前に結婚報告を受けたと嬉しそうに語っていた山里さん。

結局「幸せにね」と言ってしまったところも山里さんらしくて、思わず笑ってしまったというリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
JUNK 山里亮太の不毛な議論
https://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20220106010000

(文:藤峰あき/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.