伊藤沙莉「全員の体の状態が変わった」天海祐希の言葉明かす…『女王の教室』出演秘話が話題

投稿日:2021/11/04 11:15 更新日:

11月3日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)では、俳優の森山未來さんと伊藤沙莉さんが出演。伊藤さんは子役時代に出演した「女王の教室」(2005年/日本テレビ系)で、天海祐希さんの演技に感銘を受けた事を明かし、話題を集めました。

伊藤沙莉

(画像:時事)

■伊藤が尊敬する女優は天海

すごいと思った共演者を尋ねられた伊藤さんは、「やっぱり小学生の時、9歳からやってるんですけど、その時にやっぱり学園物がとても多くて。先生役の方と関わる事がめちゃくちゃその…。わかりやすい先輩でいうと多くて、やっぱ天海祐希さんは偉大なっていう」と、「女王の教室」で共演した天海さんの名前をあげます。

続けて、TOKIO・国分太一さんが「どうすごかったんですか?」と聞くと、伊藤さんは「私たちが… 阿久津真矢っていう天海さんがやってる先生が、私たちがピンチの時に来るみたいな。だけど、私たちにすごく優しくしてくれるわけじゃなくて」と返答。

「何かその先生が助けにきてくれるために、私たちはあえて援助交際をしたりとかして、窮地に追いやられるようにしむけるんですよ。それがあだとなって先生がフルボッコにあうんですよ。ボールペンで 刺されちゃうんです。どうしようもなくなって、みんなが腰抜かして倒れなきゃいけないみたいな、泣くみたいな」と、この時はシリアスなシーンを撮影していた事を明かします。

■伊藤「全員の体の状態が変わった」天海の言葉明かす…『女王の教室』出演秘話が話題

伊藤さんによると「ごめんなさいってならなきゃいけない時に、子供なんで、 全員小学生とかでわちゃわちゃしてたんですよ。本番前とかで。うわ~! みたいな感じになってて」と小学生という事もあり浮ついた感じで撮影に臨んでいたとのこと。

しかし、「そしたら天海さんが聞いたこともない音と声量で、『あなた達のせいなんだからね!』て言ってきたんですよ。それで私たちその…無理やりじゃないけど、勝手に罪悪感をバンって植え込まれるっていうか」と、天海さんが迫真の演技を見せ場の空気が一変した事を明かします。

続けて、「あっそっか、こんなに…メイクですけどボロボロになった血まみれになった人がこうなってるのは、あなたたちのせいって言ってるって思ったら、私たちのせいなんだってのを…。状況とかを信じる」と当時を回想します。

「だから演技っていうよりはその状態にさせるていう…緊張感を持たせるっていうのがその言葉一発で全員の体の状態が変わったのが分かったから…。それはやっぱすごいなって思いましたね」とコメント。

今回の放送にはネット上で、「この前、天海祐希さんが伊藤沙莉ちゃんのこと話してて、沙莉ちゃんがTOKIOカケルで天海さんのこと話してるの凄いなぁ。お互いに影響うけてるんだなぁ」「いつ聞いてもやっばりゆりちゃんの話はシビれるな」「すごいと思った人に毎回天海祐希さんを推す伊藤沙莉ちゃん本当に尊敬してるんだな」などのコメントが上がっています。

場の浮ついた雰囲気を一発で変えてしまう天海さんはすごいですね。また、伊藤さんのコメントからも天海さんの事を本当に尊敬している事が伝わってきたのではないでしょうか。

【番組情報】
TOKIOカケル
https://tver.jp/corner/f0087788

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.