『あなたは私の誇りです』天海祐希が母の手紙に号泣した過去を明かす!

投稿日:2021/10/30 10:31 更新日:

10月29日放送の「A-Studio+」(TBS系)では、女優の天海祐希さんがゲストとして登場。両親との思い出について語り、話題を集めました。

天海祐希

(画像:AFP=時事)

■天海が今は亡き父親の言葉を明かす

小日向文世さんと田中哲司さんを取材した笑福亭鶴瓶さんは、2人から「天海さんは高級ブランド品を購入する時は迷う」との話を聞いた事を明かします。

その事について、鶴瓶さんは「お母さんが昔からもう無駄遣いしたらいかんっていう事をずっと言うてはってんな」と話を振ると、天海さんは「父親ですね」と訂正。

続けて、天海さんは「こういう世界に入る娘をすごく心配したんだと思うんですけど、お金を使うね、窓口を広げてしまうと小さくするのが大変だと…。だから最初に広げてしまうと生活のその水準を整えるのも難しくなるって」と、今は亡き父親の言葉を明かします。

また、「100万円の何かをくださる方と10円のアメをくれる方と、お前を思う気持ちは一緒だから区別をしてはいけないと、差別というか…そんなのわかってるよって思ってたんですけど、つくづくこういう事を言ってくれてたんだろうなって、年を重ねるごとにわかります。でももうちょっとね、そういう話をいっぱい父親としたかったなって思って」と語りました。

■『あなたは私の誇りです』天海が母の手紙に号泣した過去を明かす!

番組エンディング恒例の口上で、鶴瓶さんは「(天海さんが)宝塚のトップに決まった時に、お母さんが『私何にもできないけど、ご飯ぐらい作れるから行くわ』って言って、それで10日ぐらい前に来てくれて…。ずっと食事の支度をしてくれて、初日の時にまあ舞台へ来て、お母さんは初日会えずに帰っていかはったって」と話を切り出します。

鶴瓶さんによると、「くたくたになって家に天海さんは帰って、ぼう然としてやり遂げたと思って、すっと帰った時に、初日ふっと見たらお母さんはいないんですけど、壁に張り紙があったんですって」と、天海さんの母親は娘に宛てた手紙を残していたとのこと。

「『本当によく頑張ったね』って、『あなたは私の誇りです』って書いてあったのをそれを見た途端に、もうプツンと糸が切れてそこで涙があふれたっていうんですね」と、母親の手紙に感極まった天海さんは号泣した事を明かします。

この母親からの手紙について、天海さんは「トップお披露目の日だったんですけど、やっぱり緊張してたんでしょうね。一人で家に帰って、もう、さ~っともうご飯も食べずに家に帰って、リビングをパッと開けたら何か揺れたんですよ」と当時の記憶を回想。

続けて、天海さんは「何だろうと思って電気つけたら…おっきな紙がなかったから、このくらいのメモ帳に1枚1文字書いて『祐里ちゃん(天海さんの本名)おめでとう』『中野家の誇りです』って書いてあって…。それはホントに嬉しかったですね」と語り、瞳を潤ませます。

さらに、「両親ともに、やっぱり何かとても信用してくれていた、信頼してくれてる、今でもそうですけど…その信頼は裏切っちゃいけないなと思うから、ちゃんとしなきゃと思って」と両親への想いを口にしました。

今回の放送にはネット上で「天海祐希さん、素敵な人だなぁ」「本当に素敵な方だなぁますます好きになったよ」「お母さんとのエピも素敵でベーさん泣いてるから私も泣いちゃった」などのコメントが上がっています。

天海さんの両親とのエピソードがとても素敵でしたね。

特に父親からのお金に関する金言は印象的だったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.