SKY-HI、CEOとしての覚悟を語る!「自由って覚悟と責任と天秤釣り合ってやっと」

投稿日:2021/10/27 16:54 更新日:

10月27日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)では、SKY-HIことAAA・日高光啓さんが生出演。会社のCEOも務める日高さんは、責任ある立場としての覚悟について語り、話題を集めました。

マイク

■SKY-HIが新アルバムに自信

SKY-HI名義でニューアルバム「八面六臂」をリリースした日高さん。

アルバムについて尋ねられると、日高さんは「好きな人と好きな事を好きなようにやろうとしか思っていなかったんですけれども…。純粋にスタジオに入っていると、本当感情とか見たものがそのまま音楽に出たので、出来上がったのを聴いたら日記みたいになっていました」とコメント。

続けて、「自分の人生の中で特に動きが激しかった1年だったんで、後で聴いていったら…。アルバムの頭の方でずっと歌っていること、孤独感とかちょっと鬱屈とした感情とか、頭の方で歌っている事を終盤でどんどん人との出会いで解消されていく」と激動の1年を反映した作品になっている事を明かします。

また、極楽とんぼ・加藤浩次さんが「ストーリー性になっているわけですね」と問いかけると、日高さんは「すっごいストーリーが強く出てて…。これを狙って作ったわけじゃなかったので、感動してしまいました」とアルバムの出来栄えに自信を見せます。

さらに、日高さんは「人の人生って、ささいな出会いで思い切り変わったりすると思うんで、そういう出会いの一つにこのアルバムがなったらいいなと思ってますね」と作品を通して伝えい事について言及。

■SKY-HI、CEOとしての覚悟を語る!「自由って覚悟と責任と天秤釣り合ってやっと」

日高さんはマネジメント&レーベルの会社・BMSGの代表取締役CEOも担当。

そんな日高さんに、加藤さんは「僕、ちょっと聞きたかったのは好きな事ができるってあるじゃない。それって怖さもあるし、難しさもないですか?」と話を振ります。

すると、日高さんは「そうですね。あと責任が同じくらい伴うので、自由って覚悟と責任と天秤釣り合ってやっとみたいなとこあるとすごい思いました。自由度が高くなればなるほど、背負う責任とか覚悟がどんどん気持ち良くはなってきました」と語り、笑顔に。

吉本興業を離れ、個人事務所で活動する加藤さんは、「結局、自由とか好きな事ができるっていうのは実は外からのプレッシャーないけど、自分からプレッシャーをバンバンをかけきゃいけないから大変ですよね」と日高さんの考えに理解を示します。

また、日高さんは「規範というか、自分の中のマナーやルールとかもより明確にないと自分で自由が楽しめなくなってくると思うんで…。自分の中の筋を試されたような1年だったし、それが答えとして出せたアルバムだったと思います」とコメント。

今回の放送にはネット上で、「社長としての覚悟だね、SKY-HI!」「自由度が高くなるほど、責任と覚悟が必要…って言葉、本当にその通りだと思うー!!さすが、SKY-HIさん」「自由には覚悟と責任が伴う経験した方からの重みのあるお言葉」などのコメントが上がっています。

日高さんが「自由って覚悟と責任と天秤釣り合ってやっとみたいなとこあるとすごい思いました」という言葉で覚悟を語るのが印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.