齊藤京子、ヒコロヒーの余計な一言にテンションがダダ下がり!「初めてネット以外で…」

投稿日:2021/10/21 10:29 更新日:

10月20日放送の「キョコロヒー」(テレビ朝日)では、日向坂46・齊藤京子さんがヒコロヒーさんの余計な一言でショックを受けた事を明かし、話題を集めました。

齊藤京子

(画像:時事)

■齊藤がさんまに大マウントをとった?

齊藤さんは、1日に放送された「さんまのまんま秋SP」(フジテレビ系)に、日向坂46のメンバーの1人として出演。

その時、齊藤さんは明石家さんまさんの前でバランススクーターに乗る姿を披露し、話題を集めました。

スタッフが「さんまさんの前で乗った感想は?」と尋ねると、齊藤さんは「リアクションがすごい素敵な方だなと思いました」とコメント。

ここで、ヒコロヒーさんが「私も結構リアクションしてたやん。おぉ〜とか」とクレームを入れると、齊藤さんは「そんなレベルが違いますね。本当におぉ〜! みたいな」と、さんまさんのリアクション芸はレベルが違った事を明かします。

また、ヒコロヒーさんは「さんまさんに『すぐ乗れると思いますよ』って言ってたやんか『私は1分で乗れたんで、さんまさんは3分で乗れると思います』って…。さんま師匠をつかまえて大マウントとってた。ビックリしたんやけど」と指摘。

すると、齊藤さんは「年齢、若年齢っていうんですか…。若くてスポーティーな、体力あるスポーティー女子なので、そんな女が1分で出来るようになりました。さんまさんはすごい方なのですぐ出来ると思います。『でも3分ぐらいかかるだろう』っていう意味を込めて3分て言いました」と、あの時の言葉の真意を明かします。

■齊藤、ヒコロヒーの余計な一言にテンションがダダ下がり!「初めてネット以外で…」

スタッフが「収録前からザワザワしたりしてましたが?」と話を振ると、ヒコロヒーさんは「これは本当に私のミスです。私のミスですけど…ちょっと気づいた事があったんで、それをちょっとパッて言った瞬間に京子のテンションがダダ下がってしまって、ちょっと本当に私のミスです」と齊藤さんに謝罪。

続けて、齊藤さんは「私、初めてネット以外で太ったって言われました」と、ヒコロヒーさんから面と向かって太ったと言われた事を暴露。

一方で、ヒコロヒーさんは「ちょっとね、ちょっとだけよ」と釈明すると、齊藤さんは「今日ずっとこれでやりたいです」と、顔が痩せて見えるように両手で頬を抑える仕草をします。

また、ヒコロヒーさんは「思っただけ、私の気のせいなだけ、全然可愛い、可愛い今日も!」と齊藤さんをフォロー。

しかし、ヒコロヒーさんは「でも、その後すぐメイクさんに、『メイクさん、シェーディングしました?』って、すごかったね」と齊藤さんがメイクさんに注文をつけていた事に言及すると、齊藤さんは思わず大笑いしていました。

今回の放送にはネット上で、「ヒコさんに太ったって言われちゃったのか」「さすがに、女性には、太ったなんて言わないわ。でも、ヒコロヒーも素直に謝るところが偉いな」「アイドル相手に太った?って聞くヒコさんもヒコさんだけど直ぐにメイクさんにシェーディングやってくれたかを確認するきょんこが最強にきょんこで好き」などのコメントが上がっています。

ヒコロヒーさんが余計な一言を口にして、齊藤さんが落ち込んでしまったというエピソードが印象的でしたね。

特に「太った」と言われた直後、メイクさんに「シェーディングしました?」と言える齊藤さんのコメントが面白いですね。

【番組情報】
キョコロヒー
https://tver.jp/corner/f0086210

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.