満島ひかり「あなたも1人前になりましたね」弟・満島真之介の『徹子の部屋』単独出演を祝福!

投稿日:2021/10/06 15:42 更新日:

10月6日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では、俳優の満島真之介さんが登場。真之介さんの姉の満島ひかりさんから番組出演を祝福された事を明かし、話題を集めました。

満島ひかり

(画像:時事)

■ひかり「あなたも1人前になりましたね」弟・真之介の『徹子の部屋』単独出演を祝福!

真之介さんは、姉・ひかりさんと共に出演した2013年以来、8年ぶりに「徹子の部屋」に出演。

そんな真之介さんは、「先週ひかりと連絡をして、徹子さんに会うよって話をしたらすごい悔しがってまして、『私の方が会いたいのに』って言って…。言ったらもうなんかすぐ出れるんじゃないですかと話はしましたけど」と、ひかりさんと連絡をした事を明かします。

また、ひかりさんは「ついにあなたも1人前になりましたね」と、単独での出演を祝福してくれたとのこと。

ひかりさんは2016年に放送された「トットてれび」(NHK)で黒柳徹子さん役を好演し、話題を集めました。

この話について、真之介さんは黒柳さんに扮したひかりさんとの2ショットを紹介すると、「ちょうどですね、この時に僕が『夏目漱石の妻』というドラマで、NHKのドラマでやっていて。で、ひかりも『トットてれび』やってたじゃないですか。それで緑山スタジオというとこで撮影してて隣同士だったんですよ、スタジオが」と、この時は偶然にも姉弟で同じスタジオで撮影していた事を明かします。

真之介さんによると、この時は母親と祖母がスタジオを見学しにやってきたとのこと。

続けて、真之介さんは「2人の部屋を見たんですね、お母さんが『あっここひかりの部屋なんだ』。そして『あっ真之介の部屋なんだ。なんで真之介の部屋の方が広いの?』ってなって…。で、そこからおばあちゃんとお母さんは僕の部屋に入りまして、お茶飲んだりお菓子食べながらいるんですよ」と話します。

「で、僕も撮影してるんですけど休憩時間楽屋に戻ったらなんか実家に帰ってきたみたいな気分になっちゃって。それでゆっくりお茶飲んでると、徹子さんの格好したひかりが入ってくるんですよ。そしたらそこ自体が『徹子の部屋』になっちゃってですね、なんかすごい盛り上がって」と、その時の思い出を振り返りました。

■真之介が黒柳に伝えたい事とは?

番組の最後、黒柳さんが今後の夢について尋ねると、真之介さんは「愛を与え続けられる人間になっていきたいですね」とコメント。

また、真之介さんは「徹子さんとこういうふうに1人でこういうふうに面と向かってしゃべれるような機会の時に、僕は言いたかった事が一つありまして。この番組自体を毎日見てるんですけど、色々なアーカイブ映像だったりとか、今は亡き先輩たちの心だったりとか、思いだったりとか 生き方をこの番組が 僕たち若い人たちに見せてくれてるんですよ」と話を切り出します。

続けて、「僕はそういう意味では、今回ここに来させてもらって、たくさんの大先輩方に愛してもらって今ここにあるので、何かこう役者としてどうとかこれから仕事こういう事をしたいんですっていうよりも…。この愛情をちゃんと持って未来に向けて一歩ずつ進んでいきたいので、若者の代表として徹子さんにありがとうを伝えたいです」と、黒柳さんに感謝を伝えました。

今回の放送にはネット上で、「満島くんが今までの素敵な人々にまた会える場として徹子の部屋。徹子さんに感謝を伝えたのとても良いね歴史ある番組のありがたさ」「満島真之介さんの徹子の部屋むっちゃよかった!」「満島真之介さんが徹子の部屋に出てるのだけど、凄く素敵な方だなあってやはり思う。さすがにいつものハイテンションじゃないけど」などのコメントが上がっています。

真之介さんとひかりさんの仲の良さは微笑ましいですね。

また、真之介さんが今後の夢について熱く語るのも印象的でした。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.