佐藤健「全力で突っ込んでください」体を張った"泥水のシーン"はアドリブだった!

投稿日:2021/10/02 14:37 更新日:

10月2日放送の「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ系)では、映画「護られなかった者たちへ」で共演の佐藤健さん、阿部寛さん、清原果耶さんのインタビューを放送。健さんが映画の裏話を明かし、話題を集めました。

佐藤健

(画像:時事通信フォト)

■佐藤「全力で突っ込んでください」体を張った"泥水のシーン"はアドリブだった!

佐藤真知子アナウンサーが今回インタビューしたのは、公開中の映画「護られなかった者たちへ」で共演の健さん、阿部さん、清原さん。

真知子アナが「実は私ですね、"日本テレビの目力の佐藤"なんていう異名を持ってまして」と話すと、健さんは「確かにその…黒目がチャーミングですよね」とコメントしました。

映画では、震災から10年目の仙台で発生した連続餓死殺人事件の容疑者として浮上した主人公・利根泰久を健さん、利根を追い詰める刑事・笘篠誠一郎を阿部さんがそれぞれ演じます。

話題になったのが、健さん演じる主人公・利根泰久が、泥水の中に顔を沈められるシーン。

この場面について、真知子アナが「今回はキャストの皆さんのもう体当たりのガチシーンというのが大変話題になっていますが、どうでしょう、佐藤さんは泥水に顔をぶつけられるシーンとかも、結構見てて」と話を振ります。

すると、健さんは「だからああいうのって台本に書いてないから、現場行ったら水たまりがある」と、自ら「僕の顔を泥水に全力で突っ込んでください」と提案して、台本に無かったシーンを演じた事を明かしました。

また、真知子アナが「阿部さんは普段から目力が強いっていうイメージなんですが?」と聞くと、阿部さんは「刑事役なんで…。犯人の表情を一つも漏らす事なく見てなければいけないという」とコメント。

この話を聞いた健さんは、「目とかじゃなくないっすか? 全部が…。全体でこう強いじゃないですか」と、阿部さんは全身からオーラを発していると話していました。

■清原がプライベート護りたいものとは?

映画のタイトルにちなみ、清原さんに「プライベートで護りたいモノ」を尋ねると、「観葉植物とかですかね」と返答が。

この話を聞いた健さんが、「地方とかで撮影しないといけない時に護れなくない?」と指摘。

すると、清原さんは「それはもうあの…強く生きてほしい」と話し、笑いを誘っていました。

今回の放送にはネット上で、「アドリブ演技で泥水に顔突っ込んでて仕事人だった」「泥水のアドリブのシーンは健さんの俳優としての真骨頂を感じて感動」「アドリブで決まったの!?やっぱ凄すぎる…」などのコメントが上がっています。

印象的な泥水のシーンは元々の台本にはなく、佐藤さん自らが直訴して撮影する事になったのは驚きでしたね。

また、清原さんが撮影で家を空ける時について、観葉植物に「強く生きてほしい」と話していたのが面白かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.