FUJIWARA原西、脅迫事件の真相が怖すぎる!闇サイトで住所が売られ、違法薬物が送り付けられていた

投稿日:2021/09/25 14:58 更新日:

9月24日、お笑いコンビ・FUJIWARAのYouTubeチャンネル「FUJIWARA超合キーン」では、2009年、原西孝幸さんの身に起きた脅迫事件の真相を語る動画を公開。意外な展開が話題を集めています。

原西孝幸

(画像:時事通信フォト)

■原西、脅迫事件の真相が怖すぎる!

2009年、原西さんの自宅に麻薬とアダルトDVDの購入を強要する文書が送られるという事件が発生。

今回の動画では、その事件の真相について、原西さん本人の口から語られました。

ある日、自宅に「いつもお世話になってます。また新しいええのんが入ったんで買ってください」との手紙が来たのを、原西さんの妻が発見します。手紙には新作アダルトDVDの紹介も載っていました。

「『また新しいの入りましたよ』っていうので、俺がいつも買ってる感じに、嫁にまずとられるやん!」と原西さん。

案の定、奥さんは少し機嫌が悪そうだったとか。

DVDを買うつもりはない原西さんは、その手紙を破り捨てます。

しかし、1週間ほど後、ポストにまた同じ筆跡の手紙が。

中を見てみると、「今度はちゃんと買ってくれな困るわ! またこんなん用意したんで見て下さい」との内容で、新作アダルトDVDとアダルトグッズの紹介が載っていたのだそう。

それを聞いた相方の藤本敏史さんは、「気持ち悪っ! 鳥肌たってきた」と怖がります。

さらにその手紙には、「もしこれ買わんかった場合、同封してあるものが世間にバラされるで」との記載が。

封筒の中をよく見ると、小さなビニール袋に入った白い粉が同封されていたそう。

怖くなった原西さんは警察に連絡。警察が白い粉を鑑定したところ、本物だったそう。

藤本さんも「まじか? 怖っ!」と驚きます。

■闇サイトで住所が売られ、違法薬物が送り付けられていた

犯人に自宅の住所が知られていることが怖かったという原西さん。

なぜ、犯人が住所を知っているのか調査したところ、闇サイトで吉本興業の芸人の住所が売られていたのだそう。

その中から12人の芸人に送ったという犯人。12人を選んだ基準は、原西さんいわく「変態で買ってくれそうな人に送りました」とのこと。

それを聞き、思わず噴き出す藤本さん。原西さんを指差し「ぴったりぴったり」と言います。

吉本興業が調べた結果、脅迫された12人中11人は判明。しかし、残りの1人がどうしても判明しないとのこと。

最後の1人について、「これは、(アダルトDVDを)普通に買ってるんですよ」と原西さん。

「脅されるとか関係なく、普通に『あ、欲しい』と思って買ってるから、脅迫されてないんですよ」「ほんまにいいお客さんが1人おるんですよ」と言います。

つまり、最後の1人は素直に手紙に載っていたアダルト商品を購入したため、脅迫事件にはならなかったとのこと。

意外なオチに、藤本さんもスタッフも大ウケ。

原西さんが「普通に買った人1人、名乗り出て下さい!」とカメラに向かって言うと、藤本さんは「そんなん無理やって、名乗り出るわけない! めっちゃ恥ずかしいやん!」とツッコみます。

■脅迫事件の真相告白に視聴者「これは神回」

事件後、さすがに怖くなって引っ越したという原西さん。

12年前の脅迫事件の真相について、ネット上では「面白いと気味悪さがいい塩梅でこれは神回!」「喋りが上手過ぎて引き込まれる…!さすが芸人さんや」「後半、予想外の展開すぎて笑ったw」との声が上がっています。

原西さんのおかげで判明した事件の意外なオチに、笑いつつも驚いた視聴者も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
FUJIWARA超合キーン
https://www.youtube.com/watch?v=thEMgsGjXw4

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.