GLAY・TERU「泣きながら食べてた」苦い思い出を告白中、まさかの滑舌にファンざわざわ!?

投稿日:2021/08/19 15:34 更新日:

GLAY・TERUさんがパーソナリティをつとめる毎週水曜日23時から放送のラジオ番組『TERU ME NIGHT GLAY』(bayfm)。8月18日の放送では、PENTAGON・YUTOさんを交えたトークがファンの間で話題になりました。

TERU

(画像:時事通信フォト)

■TERUはPENTAGONファンだった!?「インスタとTwitterと…もう全部見てたよ」ファンからは喜びの声

今回は、ゲストとしてYUTOさんがリモート出演しました。

TERUさんとYOTOさんが顔を合わせるのは、GLAYとPENTAGONがコラボした楽曲『I’m loving you』のミュージックビデオを撮影して以来、久々だった様子。

TERUさんは、「活躍は日本で見させてもらってました。インスタとTwitterと…もう全部見てたよ」と報告します。

PENTAGONの日本デビュー曲『COSMO』を作詞作曲をしているTERUさんですが、PENTAGONを知ったきっかけは、「2年程前に、僕の中で韓国のポップのブームが来まして、色んなグループの音楽とか聴いているうちに、『すげぇいい曲だな』と思って聴いてたのがPENTAGON」だったと告白。

さらに、「KCON(韓国文化を体験できるフェスティバル)にも遊び行ってて、PENTAGONが出て来た時もあって、『あ、これがPENTAGONかぁ』って思ってて…」と、楽曲提供前から、PENTAGONに興味を示していたことを明かしました。

ネット上では、「てるちゃんがPENTAGONの活動をインスタとかツイッターでも全部チェックしてるっていってくれてうれしい…」「TERUさん完全にPENTAGONファンじゃんwww」「やっぱりTERUはペンタペンやん!」などの反応が。

TERUさんがずっとPENTAGONを応援していることに、PENTAGONファンは歓喜していたようでした。

■TERU「泣きながら食べてた」苦い思い出を告白中、まさかの滑舌にファンざわざわ!?

その後番組では、リスナーのメッセージから「珍しい給食」の話題へ。

TERUさんが子どもの頃は、ニシンの甘露煮が給食に出ていたそうですが、「それが苦手で苦手で…」と回想。

しかし、当時は、給食を食べきらないと昼休みに遊ぶことが出来ないというルールがあったそうで、「泣きながら食べてた」と振り返ります。

その後、「好き嫌いが許されず、給食を全て食べないと昼休みがなかったため、いつも昼休みは無しだった」と、TERUさんと同じ思いをしていたリスナーのメッセージも。

その苦い思い出から、このリスナーにとって「給食は黒歴史」だったと言います。

そんな給食トークで番組が大いに盛り上がりました。

一方で、ネット上では、「くろれしきって言った…?」「くろれしきって言わなかった!?w」「歴史の言い方ずっと怪しいw」「くろれしきって聞こえたの気のせいかと思ったけどそうでもなさそうだな(笑)」といったツッコミの声が続々。

このメッセージを読む際、TERUさんが「黒歴史を"くろれしき"」と言い間違いをしているように聴こえたファンが多かったようです。

トークを楽しみながらも、ついつい滑舌が気になってしまったのではないでしょうか。

活躍をチェックしていたりと、ずっと日本からPENTAGONを応援しているというTERUさん。

面倒見の良い優しい先輩感が終始溢れていましたね。

【番組情報】
TERU ME NIGHT GLAY
https://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20210818230000

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.