松井玲奈、新型コロナの苦しみを経験し感染対策徹底を涙の訴え「自分の身を守ることが、周りを守ることにつながっていく」

投稿日:2021/08/12 13:18 更新日:

8月11日、タレントの松井玲奈さんのYouTubeチャンネル「松井玲奈」では、松井さんが新型コロナウイルスに感染し、感じたことを赤裸々に語る動画を公開。涙ながらの訴えが話題を呼んでいます。

松井玲奈

(画像:時事通信フォト)

■松井、新型コロナの苦しみを経験し感染対策徹底を涙の訴え「自分の身を守ることが、周りを守ることにつながっていく」

先日、新型コロナウイルスに罹患し、自宅療養をしていた松井さん。

高熱による関節の痛みで眠れず、食事もとれなかったそうで、「感染してみてわかったのは、自分が想像していたよりもはるかに大変なんだなっていうことでした」と、新型コロナウイルスの辛さを振り返ります。

そして、「自分の身を守ることが、周りを守ることにつながっていくんだなっていうのを今回改めて感じました」とコメント。

1回目のワクチンは打ち終えていたという松井さん。

しかし、「決して、ワクチンを打ったからと言って(新型コロナウイルスに)かからないわけではないので、『ワクチンを打ったから大丈夫』ではないし」と、ワクチン接種後の感染対策の必要性を訴えます。

また、「周りの大切な人たちに絶対に感染してほしくない」という気持ちがさらに強くなったと言い、「『友達だから大丈夫』とか『家族だから大丈夫』ということはなくて」「(自分がウイルスを持っている状態で)友達だったり家族と食事をしてしまうと、それだけでその相手は濃厚接触者になってしまいます」と、周囲に感染させないようにすることの大切さも訴えました。

濃厚接触者になった人は、感染していなかったとしても、自宅隔離という制限を受けることに。

「それだけでまた、精神的にのしかかるものがあるなと思います」と松井さん。

「今この感染者数がどんどん増えている状態の中で、『私だけは大丈夫』『この人だけは大丈夫』『絶対大丈夫』なんていうことは無いので」「本当に、まずは『自分を守ることが、自分の大切な人たちを守ることだ』っていうことを分かってもらえたら、嬉しいなと思います」と訴えました。

■熱は下がったものの「気持ちの面で浮き沈みが激しい」

熱が出ている間は、肉体的にも精神的にもしんどいことが多かったという松井さん。

現在は熱もなく、日常に近い状態に戻っているそうですが、「気持ちの面で浮き沈みが激しいなっていうのは強く感じてます」とのこと。

「もしかしたら、あの人が発症しちゃったらどうしようとか、それがもしかしたら自分のせいだったらどうしようとか、そういうことを、考えなくてもいいけど、やっぱり一人の時間でずっと同じ所にいたりすると考えてしまうことが多くなるので」と、常に周りの心配をしてしまうと言います。

■松井の涙の訴えに視聴者「感染対策をしっかりします」

時折、涙で声を震わせながら、新型コロナウイルスの恐ろしさを語った松井さん。

「コロナウイルスは、風邪よりももっと辛いものだなと思っています」「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間を過ごしました」と、改めてその辛さを振り返り「これを見ている方には本当に感染してほしくないです」と強く訴えました。

ネット上では、「すごく不安だっただろうし、今も不安でいっぱいな中、この動画をアップしてくれて、本当にありがとう」「玲奈ちゃんの気持ちが痛いほどに伝わってきました」「改めて感染対策をしっかりします」との声が上がっています。

松井さんの力強いアドバイスに、より一層感染対策に力を入れようと気を引き締めた視聴者も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
松井玲奈
https://www.youtube.com/watch?v=o-WOMmqDfy0

(文:二木もなか)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.