King GnuがMステで伝えた想い…常田大希の気迫溢れる表情にファン「脳裏に焼き付いて離れない」

更新日:

6月19日に放送された「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に、King Gnuが登場。"一番優しくて強い歌"として「The hole」を披露し、話題となりました。

■「The hole」を選んだ常田に、ファン「しっかりと心して聴きたい」

この番組が放送される約1週間前、メンバーの常田大希さんが自身の公式Twitterで「The hole」を演奏すると発表し、大きな反響を呼んでいました。

選曲理由として、常田さんは「迷いや混乱に満ちた情勢の中,日々SNSなどでも攻撃的な発言が目につく今」と現状を鑑みながら「一番優しくて強い歌を届ける事を選びました」とコメント。

常田さんの想いを感じ取ったファンからは、「しっかりと心して聴きたいと思います」「もしかしたら、まだKingGnuを知らない人もThe holeを聴いて何か思ったり心にきっと響くと思います」などのメッセージが寄せられており、いつも以上に注目が集まっていました。

■ピアニスト・清塚信也が常田のピアノをベタ褒め?「あんな怖い顔してるけど、優しい男」

番組が中盤に差し掛かると、いよいよKing Gnuの出番。リモートで出演していたメンバーとのトークが始まります。

まず、司会のタモリさんが「今日は、バラードなんですね」と問いかけると、メンバーの井口理さんは「この曲は、デモ音源が送られてきた時に、大希が『最高のバラードが出来た』と僕に連絡してきて」と、当時の印象的だった出来事を告白。

タモリさんが、続けて「常田君、今日はピアノなんですか?」「いつ頃から(ピアノを)やってたんですか?」と話をふると、常田さんは「両親がピアノ弾きなので、結構自然と…」と、教わることなく習得したと告白し、周囲を驚かせました。

この話を聞いていた、ピアニストの清塚信也さんは「常田さんの音って、すごく優しいんですね」とコメント。

続けて「ピアノって上から下に弾くものだから、どうしてもみんな堅い音出すんですよ。だけど、それを横に這うようにすごい優しい音も出すから、耳がすごくいい。感性だけじゃなくて」と解説し、「あんな怖い顔してるけど、優しい男なんですよ」といたずらっぽい表情でベタ褒めし、常田さんは照れ笑いを浮かべました。

■King GnuがMステで伝えた想い…常田大希の気迫溢れる表情にファン「脳裏に焼き付いて離れない」

トークも終わり、ついに「The hole」の演奏がスタート。

常田さんの魂の込められたピアノに、井口さんの繊細な歌声が乗せられ、一瞬にして"King Gnu"の空気に包み込まれます。

さらに、勢喜遊さんが奏でる、優しくも力強いドラム、新井和輝さんの確かなシンセベースが重なり、全員の想いがひとつに。視聴者をグッと曲に引き込んでいきました。

また、曲後半の「愛する誰かが自殺志願者に」という歌詞の部分では、この曲に込められたメッセージを届けようとしてか、常田さんの気迫溢れる表情がカメラに抜かれる場面も。

これを見たファンからは、「赤く照らされた常田さんの鬼気迫る表情が脳裏に焼き付いて離れない」「『愛する誰かが~』のとこで常田さんのあの訴えかける表情がたまらなく強くて優しくてもう感情が追いつかん。。。」「ここから涙腺崩壊」などの声が上がっていました。

■ King Gnuの演奏に「本当に感謝しかない」の声多数!

今回も、圧倒的演奏を披露してくれたKing Gnu。

ネット上では、「このタイミングでThe holeをテレビでうたってくれたこと、本当に感謝しかない」「The holeすごく良かった。言葉を失った。優しくて強い歌ありがとうございました。4人共天才!」「泣いた…魂届きました」など、「The hole」を選曲してくれたKing Gnuへの感謝の言葉が溢れました。

「The hole」は、2019年1月にリリースされた2ndアルバム「Sympa」に収録されている楽曲。

番組内で「骨太なバラード」と評された通り、King Gnuの世界観を存分に表した曲と、メッセージ性の強い歌詞となっており、聴く人やタイミングによって、受け止め方が変わってくるとも言われています。

世界中が混沌とし、何が正解なのか見失いそうな今。今回の演奏を聴き、常田さんが語った「一番優しくて強い歌」というメッセージをしっかりと受け止め、前に進む勇気をもらったという視聴者も多かったのではないでしょうか。

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.