『乃木坂46はONE TEAM』齋藤飛鳥の父親の手紙に感動の声!しかし齋藤本人は「ずっとルパンが」

更新日:

3月22日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に、乃木坂46の齋藤飛鳥さんが出演。番組で紹介された、齋藤さんの父親が娘に当てたメッセージが感動的と話題を集めました。


(画像:時事通信フォト)

■齋藤が両親を語る

両親について尋ねられた齋藤さんは、母親について「ミャンマーの人なんですけどいい人って感じで……。日本に出て来て、多分本当にすごい大変だっただろうに、ママはいつも『子供3人だけが生きがいだよ』みたいなことを言ってくれる、優しい母親です」とコメント。

番組にメッセージを寄せた母親は、バースデーライブを観に来る自分のために、良いホテルや新幹線のチケットを取ってくれたと、親を大切にする齋藤さんの優しい素顔を明かします。

齋藤さんは、「やっぱ乃木坂のこと大好きなので、母親が楽しそうにタオルを持ってくれたりとかはしてましたね」と、ライブで観た母親姿を語りました。

一方、父親について問われると、首をかしげる齋藤さん。

その様子を見たくりぃむしちゅー・上田晋也さんは、「急にトーンが変わったな」とツッコミ。

父親について齋藤さんは、仲が良くて好きとしつつ、「お父さんの話は表でしてはいけないと思って」と、変わったところがあることを明かします。

具体的には、モミアゲを伸ばしている父親は、自身のことを「ルパン三世」と思っているのだとか。

「名刺とかにも『ルパン四世』って書いてあったり……。実家のお仕事のスペースに、『ルパン何とか事務所』みたいなの自分で張り紙作ってたりとか」と、娘から見ても変な行動が気になってしまうとのことでした。

■『乃木坂46はONE TEAM』齋藤の父親の手紙に感動の声!しかし齋藤本人は「ずっとルパンが」

ひょうきんな人柄が語られた齋藤さんの父親ですが、最後に娘に当ててメッセージを寄せました。

齋藤さんの父親は、「同期の仲間達が次々に卒業して卒業していき、今は乃木坂のエースと呼んでいただける立場に、全体のトップを走ることになるでしょう。今まで8年間の経験があるので、体力的にはこなしていけるのではないかと思います」と始めます。

続けて、「問題は精神的なことではないでしょうか? トップとして先頭に立つことは誰よりも風当たりが強くなります。そんな時、1人で悩むことなく、その日のストレスなどを仲間達と分散して、残さないようにしてください」と精神的なケアの大事さを伝えました。

そして、「また、大きな問題はマネージャーさんや身近にいるスタッフさん達に相談し、多くの人を良い意味で巻き込んで解決していってください。くれぐれも1人で抱え込まないこと。乃木坂46はONE TEAMなので」と、結びます。

普段は話してくれない感動的な父親の言葉に驚いたという齋藤さんは、「ずっとルパンが頭にいるので、何かどうしたらいいのか?」と語り、笑いを誘っていました。

齋藤さんが出演した今回の放送には、「飛鳥ちゃんの父いいこと言うやん!」「飛鳥ちゃんの父からのメッセージ感動します」「鳥ちゃん楽しそうだったなールパン父さんめっちゃ良いこというなー」などのコメントが上がっています。

「乃木坂46はONE TEAM」という言葉は多くの人の心に響いたようでした。また、感動的なメッセージで感無量かと思いきや、齋藤さんが「ルパンが頭にいるので」とボケるところが最高に面白かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.