岡田健史「四の五の言われる筋合いない」と『中学聖日記』出演時の陰口に反論!?

更新日:

「A−Studio+」(TBS系)では、俳優の岡田健史さんが登場。高校野球の強豪・創成館高校出身の岡田さんは、高校時代の恋愛事情について語り、話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■岡田が高校時代の恋愛事情を赤裸々告白?

今回のゲストはドラマ「MIU404」(TBS系)に九重世人役で出演中の岡田さん。

小学生から野球を始めた岡田さんは、中学時代に芸能事務所からスカウトされるも断り続け、甲子園出場を目指して高校野球の名門・創成館高校に進学。

創生館高校が男女共学という話になると、笑福亭鶴瓶さんは「どないすんの? 女の子おったら」と岡田さんに高校時代の恋愛事情について尋ねます。

岡田さんは、「僕、本当にそういうのなかったです。本当になかったんですよ…。本当に僕もテレビで芸能人の方が、カッコイイ方がそんなこと言ってたら、『ウソつけ』って思うんですけど、絶対僕は思うんですけど、僕は本当に何か告白はされなかったです」と、告白はされなかったことを明かします。

しかし、岡田さんは「僕は告白してました」と自分から行くタイプと話すと、鶴瓶さんは「同じ高校の子に?」と質問。

これに対して、岡田さんは「(同じ高校の)子もそうですし、他校でも」と当時の恋愛事情を赤裸々に話すと、鶴瓶さんは「誰がそこまで発表せい言うて!」とツッコミを入れていました。

■岡田「四の五の言われる筋合いない」と『中学聖日記』出演時の陰口に反論!?

岡田さんの高校時代の話に続いて、鶴瓶さんは「『高校生日記』か何かあったやんか?」とドラマの話題を出しますが、岡田さんはキョトンとした表情を浮かべます。

すると、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんが「"中学生"じゃないですか?」と、ドラマのタイトルは「高校生日記」じゃなくて「中学聖日記」(TBS系)と指摘。

藤ヶ谷さんが指摘してくれたことで、鶴瓶さんの言い間違いがわかり、岡田さんも「何言ってるのかなと思って」と一安心することに。

19歳の時に出演した「中学聖日記」について、岡田さんは「僕、このドラマを放送されてる時に、『こんな中学生いない』とか言われてたんですけど…。僕、この身長実際にあったから、四の五の言われる筋合いないと思いながら」と、中学時代には現在と同じ身長180cmがあったので、本人としては違和感なく演じられたことを明かしていました。

今回の放送にはネット上で、「四の五の言われる筋合いない!と思っていた岡田くん愛しすぎる(笑)めちゃくちゃ笑った!」「岡田健史くんに告白されるなんて、一生の思い出じゃん」「岡田健史くん、告白されたことないんじゃないよ。顔が良すぎて高嶺の花なんだよ」などのコメントが上がっています。

高校時代の恋愛事情について岡田さんが「僕は告白してました」とはっきりと言い切る所がカッコよかったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.