乃木坂46、センターはどうやってメンバーに発表されるのか!?田村真佑がその瞬間を語り「責任感がすごかった」

投稿日:2021/05/13 12:22 更新日:

オテンキ・のりさんと乃木坂46・田村真佑さんがパーソナリティを務めるラジオ番組「レコメン!」(文化放送)。5月12日放送回では田村さんがセンターを務める4期生楽曲「猫舌カモミールティー」をラジオ初オンエア。制作秘話なども明かし、話題となりました。

(画像:時事)

■田村が明かす4期生楽曲センターの重圧

「猫舌カモミールティー」は、6月9日発売予定の乃木坂46にとって27枚目となるシングル「ごめんねFingers crossed」に収録される4期生楽曲。

5月8日に行われた配信ライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~4期生ライブ~」のアンコールにて、初披露されました。

番組冒頭、のりさんから「実際、今のお気持ちいかがですか?」と現在の心境について尋ねられると、田村さんは「すごく嬉しいです」と、喜びを口にします。

さらに、「この楽曲の期間中はやっぱり、自分自身もっと4期生を引っ張っていけるように頑張んないといけないなって言う気持ちはもちろん持っているんですけど」としつつ、同期の賀喜遥香さんがセンターを務め、MVのYouTube再生回数が1900万回を突破している「I see...」や早川聖来さんがセンターを務めた「Out of the blue」と言った人気曲の名を挙げて、「すごく盛り上がっていたのもあって、すごく反応が怖かったです、皆さんの」と、重圧を感じていた事を明かしました。

■乃木坂46、センターはどうやってメンバーに発表されるのか!?田村がその瞬間を語り「責任感がすごかった」

番組後半、リスナーからのメールで、乃木坂46の公式HPに「田村真佑が、制作秘話など初オンエアに合わせて熱く語ります」と書かれている事が発覚します。

「え、知らないです、それ」と困惑する田村さん。

のりさんは「制作秘話など初オンエアに合わせて熱く語ってくださいよ、じゃあ」と乗っかり、「いきなりあれですか?『(あなたが)センターよ』みたいな感じで教えられるのか、それとも皆の前で言われたりするの?」と質問します。

田村さんは、「連絡が来るんですよ、皆に。『今回の楽曲と、あとこれがフォーメーションです』って言うのが。そこで初めて知るんですけど。フォーメーションの位置に自分の顔写真が並べられてて、それで自分の立ち位置を知る」と明かした上で、「その時は本当に『へっ!?』って思いました」と、自分がセンターに選ばれた事を知った時の心境を明かしました。

のりさんが「その時は嬉しいと不安というか、どんな気持ちが一番強いの?」と訊くと、田村さんは「私は結構、不安が大きかったです」としつつ、「今まで4期生楽曲のセンターとかやってきてる子を近くで見てきた分、すごく皆が泣いてるところとか、プレッシャーを強く感じている姿をすごく見てきたから。余計、そこに自分が立たなきゃいけないっていう責任感がすごかったですね」と振り返りました。

■のりも感心する4期生の絆

続いて、田村さんはセンターに決まった直後、前作の「Out of the blue」でセンターを務めた早川さんから連絡が来た事を明かし、「センターおめでとうっていう風に…まゆたんなら大丈夫だから、私は2列目だけど、後ろでしっかり支えるから。まゆたんらしく頑張ればいいんだよ」と言ってくれたことを紹介。

のりさんは「こっちは観てるだけだからさ。そういう、どれだけ大変だとかわからずにね、ただ"可愛いな"とか"すごい、素敵だな"って感じで観てるけど。そういうお互いの友情の信頼関係とかがあったりして成り立ってるんですね」と感心していました。

楽曲の初オンエア後、「すごい可愛らしい感じの曲ですよね、なんかね。今までの4期生の方たちの4期生曲とはまた違う感じの」と感想を述べるのりさん。

田村さんも「今まではすごくポップで明るい曲が多かったんですけど。今回は本当に"可愛い"に全振りしたような楽曲」とコメントします。

のりさんが、「わかります。真佑ちゃんが『私にぴったりだ』って言うね」とイジると、田村さんは笑いながら「そんな事一言も言ってないですよ、もう」とツッコんでいました。

■反響殺到で「猫舌カモミールティー」がトレンド入り!

ネット上には、「"カワイイとビューティーが渋滞中"な真佑ちゃんにぴったりな曲ですね!」「期待通りに歌声がとっても可愛かった!」「この曲、めちゃくちゃ中毒性高くないですか…?何回か聴くうちに頭から離れなくなった」など多くのコメントが殺到。

曲名の「猫舌カモミールティー」がトレンド入りする事態となりました。

4期生単独で「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)への出演を果たすなど、"乃木坂46の未来を照らす4番目の光"として今、勢いに乗っている4期生。

田村さんの言葉からは4期生楽曲のセンターという立場にかかる大きな重圧を窺い知る事ができたと同時に、一緒に乗り越えていこうと支え合う同期の絆も伝わってきましたね。

今回の放送を聴いて、改めて4期生楽曲の新センター・田村さんの更なる活躍に期待を膨らませたという方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
レコメン!
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20210513000000

(文:こじこじ)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.