乃木坂46・齋藤飛鳥のテンションにオードリー春日も大喜び「ナイスパオ!」苦戦ぶりが可愛いと話題

投稿日:2021/04/28 15:06 更新日:

4月27日放送の「オトラクション」(TBS系)に、乃木坂46・秋元真夏さん、梅澤美波さん、賀喜遥香さん、齋藤飛鳥さん、与田祐希さんが登場。齋藤さんがゲームに苦戦する姿が可愛いとファンの間で話題になりました。

(画像:時事通信フォト)

■齋藤「これはやばいな…」苦戦ぶりが可愛いと話題

芸能人がさまざまな音ゲームに挑戦するこの番組。

今回は、番組MCの西川貴教さんや霜降り明星・せいやさん、粗品さんが率いる「オトラクションチーム」と、フワちゃん率いる「フワちゃんとゆかいな仲間たちチーム」、そして「乃木坂46チーム」の三つ巴で戦いました。

齋藤さんは、「メロディシャッフリン」に挑戦。

AからEまでの5つに分解されてバラバラになった曲のメロディを正しく並び替え、そのタイムを競うゲームです。

齋藤さんがリストから選択した曲は、安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」。

選曲理由について、齋藤さんは「小室(哲哉)さんが大好きなので…。小室さんファミリーなら、絶対間違えないというプレッシャーも自分にかけられるな、と思って」とコメントします。

ゲームがスタートし、まずはAからEまで1つずつ指揮棒で叩いて音を確認。

どのメロディがどの位置に来るのかわからないようで、「え…わかんない! どうしよう」と頭を抱える齋藤さん。

それでも、一番最初がE、最後がDということは判断できたようで、指揮棒を使って順序を入れ替えていきます。

続いて残りのA、B、Cを入れ替えるのですが、音を確認してもピンと来ないようで、「何これ…えっ、何?」とつぶやく齋藤さん。

順番を入れ替えてみても、うまくメロディーが繋がらず「えっ、難しい…!」と叫びます。

混乱している様子の齋藤さんに、スタジオからは「落ち着いて」「リラックス、リラックス」と声援が。

そうこうしているうちに、制限時間まであと10秒に。

齋藤さんは「んん…! ちょっと待って…」と焦った様子で、ひょこひょこ小刻みに飛び跳ねます。

「わかんない…」と泣き笑いのような表情を浮かべつつ、制限時間ギリギリのところで、慌てて解答ボタンを押しました。

「齋藤さん、自信は?」と尋ねられ、一拍間を置いて「これはやばいな…」と呟き、唇を噛む齋藤さん。放心状態になった彼女を見て、スタジオには笑いが溢れました。

しかし、答え合わせをしたところ、齋藤さんの回答はなんと正解。

齋藤さん自身も正解とは思っていなかったようで、驚いて目を見開きます。そして、先ほどまでの表情とは一転して笑顔になりました。

スタジオのメンバーも皆驚いた様子。

西川さんは「なんや、いけてたやん!」「こっち側全員、失敗してるな…と思ったのに、いけてた!」と齋藤さんを称賛。

すると齋藤さんは、「でもこれ、なんか切るところちょっと難しくしました?」と眉をひそめ、頬を膨らませます。

すかさず粗品さんが「そういうゲームなんで」とツッコミ。再び、スタジオには笑いが溢れたのでした。

ネット上では、「ただパニクってる飛鳥ちゃんかわいかった」「ジタバタする飛鳥ちゃん可愛い」「泣きそうな顔だったのに、成功と判った途端にドヤ顔になる飛鳥ちゃん愛おしすぎるだろ」「番組にクレーム入れる飛鳥ちゃんすきw」などのコメントが。

クールな印象のある齋藤さんが、珍しく焦っている様子を可愛いと感じたファンが多かったようですね。

■齋藤のテンションに春日も大喜び「ナイスパオ!」

続いて、齋藤さんは賀喜さんとともに、音職人が作ったフェイクサウンドを見破ってバスーカで撃ち抜く「BANG BANG フェイク」に挑戦。

「齋藤さん、自信はいかがですか?」と尋ねられ「えっ、自信…今までの(敵チームの問題)はどっちもわかってなくて、全然正解してないので、ちょっと不安、かな…」とここまで話して「あっ!」と何かに気づいた様子。

そして、カメラ目線で両手を高く上げ、笑顔でテンション高く「パオ!」と叫びます。

この「パオ!」は、出演者のフワちゃんとオードリー・春日俊彰さんが「炎の体育会TV」(TBS系)にてエアロビクスに挑戦した際の掛け声。

齋藤さんの可愛らしい「パオ!」に、スタジオからは笑い声と拍手が。春日さんも喜んで「素晴らしい。ナイスパオ!」と齋藤さんに声をかけました。

ネット上でも、「飛鳥ちゃんのパオいただきました。最高です」「何だこの飛鳥ちゃんの可愛さは笑」「飛鳥ちゃんのパオ!可愛すぎるやろ〜」「いっつもクールなのにたまにめちゃめちゃかわいいことするからズルイよな」など、齋藤さんの可愛さに大喜びするファンの声が続出していました。

齋藤さんと賀喜さんは「雨」「カーテン」「ジュース」「スリッパ」「コンロ」の音を聴き、音職人が作ったフェイクサウンドがどれなのか見極めることに。

齋藤さんは「スリッパ」がフェイクだと判断し、バズーカで撃ち抜きます。

しかし、結果は不正解。フェイクではなく、本物のスリッパの音でした。

間違えて「ああ…」と悲しそうな顔を浮かべる齋藤さん。

大きなバズーカを両手で抱きしめ「もうダメだ今日〜」と呟きます。

そのあまりの可愛さに、敵チームからも思わず「かわいいね」という声があがっていました。

■「うわぁ…」齋藤の反応に粗品もツッコミ「何か言えや」

齋藤さんが正解できなかった「BANG BANG フェイク」ですが、その後、賀喜さんは見事正解。

さらに、与田さんが「ピッタシンガー」ゲーム、梅澤さんが「リズミンタッチ」ゲームで才能を発揮した結果、乃木坂46チームは優勝を勝ち取ることができました。

優勝賞品は、1人5,000円の贅沢石焼ビビンバ。実食の時間となり、乃木坂46の5人は美味しそうに料理を堪能。

秋元さんは一口食べて、「え! やばいです。美味しい! こんなに柔らかいお肉食べたことない」と食レポを披露。

一方、齋藤さんはあまりの美味しさに言葉が出ない様子。小さな声で「うわぁ…」とだけ呟き、黙ってしまいました。

齋藤さんの反応に、スタジオのメンバーは大笑い。

粗品さんは「なんやねん。何か言えや」、せいやさんは「一応、テレビよ…!」とツッコミを入れていました。

■珍しい一面を見せた齋藤に、ファンもメロメロ「可愛すぎる」

普段は一期生のお姉さんとしてグループを引っ張る立場の齋藤さんですが、今回の放送では、ポンコツな一面やお茶目な一面が明らかになりましたね。

ファンもネット上で、「終始ダメダメな飛鳥ちゃん可愛すぎるんだよなー なかなかに珍しい」「今日の飛鳥ちゃんはあざとい」「今日の飛鳥ちゃん可愛さ無双してない?」「甘々な飛鳥ちゃん可愛過ぎる」など、齋藤さんの新たな一面を新鮮だと感じていたようです。

普段のクールな美しさも、今回のようなポンコツ可愛さも、両方兼ね備えている齋藤さん。

放送を観て、彼女の魅力にますます夢中になったファンが多かったのではないでしょうか。

【番組情報】オトラクション
https://tver.jp/corner/f0073059

(文:アイドル担当ライター みなみぱん)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.