乃木坂46の"新歌姫"賀喜遥香が明かした「不安な心境」と「歌の練習場所」!賀喜遥香トレンド入りの反響

投稿日:2021/05/14 11:27 更新日:

ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)内で、乃木坂46・賀喜遥香さんが4組の副担任を務めるコーナー「乃木坂LOCKS」。5月13日放送回では、5月8日に行われた「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~4期生ライブ~」を生徒(=リスナー)と共に振り返り、話題となりました。

■乃木坂46の"新歌姫"賀喜が明かした「不安な心境」と「歌の練習場所」!

最初に紹介したのは、「はるちゃん先生は可愛いのにイケメンな部分もあって、とにかくきゅんきゅんさせられました。はるちゃん先生がMCをする場面もたくさんあって嬉しかったです」というメール。

「特に私ははるちゃん先生の『ダンケシェーン』の歌声で完全にノックアウトされました」として、「先輩であるいくちゃん(=生田絵梨花さん)のソロパートを歌うのはどうでしたか?」との質問が。

乃木坂46随一の"歌姫"と名高い生田さんのパートについて、賀喜さんは「もう本当に、乃木坂46に入る前から、やっぱりこの曲の生田さんのパートって、もう生田さんの魅力がものすごい詰まっていて。ここを聴けば生田さんの歌声の魅力だったりとか、歌が上手い方なんだって言うのとか、すべてを感じられる気がしてすごい好き」と熱く語ります。

そんな重要なパートを任された事に対して、「私がやるとなると、『えっ、どうしよう』って逆になっちゃって。ものすごい緊張した」と、不安な心の内を明かした賀喜さん。

しかし、「メンバーも『頑張ってね~』って言ってくれたり、私も結構、ライブ本番までお風呂で大熱唱したりとかして練習してた」と明かし、「"好きでした"って言っていただけると嬉しいですね」と喜びを噛み締めていました。

■難題"下駄ップ"を乗り越え、深まる同期の絆

続いて紹介したのは、「皆で披露した"下駄ップ"がカッコよくて、画面越しに見入ってしまいました。下駄を履きながらタップをして、しかも踊って歌うなんて一体どうなってるんですか?」というメール。

下駄ップは、2013年の全国ツアーで行われた演出。

「1期生が昔経験したことを4期生にも経験してもらいたい」という秋元真夏さんの提案で、賀喜さんをセンターとして人気楽曲「ガールズルール」を披露しました。

「先輩方の昔の映像とか見ると"カッコ可愛い感じ"がすごく、『わぁ、いいな。乃木坂っていいなぁ』って思った」という賀喜さん。

「皆で本番までの間に手の角度とかを合わせたりとか、移動のタイミングとか合わせたりとかっていうのをして。皆毎回びっちょびちょに汗かきながら練習していた」と、一生懸命練習を重ねた事を明かします。

さらに、「本番もむちゃくちゃ緊張したんですけど、でもやっぱり、楽しかったですね」と振り返りつつ、「皆で一つのちょっと難しいものを成し遂げるって言うのが、また4期生の仲の良さが深まった気がしてすごく楽しかったです」と、達成感を滲ませました。

■賀喜が挙げる、特に印象的だったパフォーマンスは…あの体力企画!

最後に紹介したのは、「先輩方の曲を順々に披露していくオープニング。下駄ップやUV(=発光手袋)の演出はたくさん練習したんだろうなぁって言うのがすごく伝わってきたし、ユニットコーナーではこのライブでしか観られないユニットの目白押し。本編のラストのはるか先生の強烈な煽りからの『I see…』のフルパフォーマンスは圧巻でした。新曲の『猫舌カモミールティー』も覚えやすいサビで、ライブが終わった後ずっと口ずさんでいました」というメール。

賀喜さんは「すごい! なんかオープニングから最後まで、全部総括してくださってますね」と驚きつつ、「たくさん、本当にいろんなことをパフォーマンスさせていただいて」と振り返り、特に印象的だったパフォーマンスとして"クイズ"を挙げます。

これはメンバーがチームに分かれてクイズで対決し、敗れたチームのメンバーは「走れ!Bicycle」が流れている間、"自転車発電"でステージ照明を照らし続けなければいけないという体力企画。

2013年の全国ツアーで行われた企画で、1期生・高山一実さんの提案によって4期生も経験する事となりました。

リハーサルも含め、1回も負けなかったという賀喜さんは、「ちょっと漕いでみたかったですね。先輩方がやってきたことをちょっと体験したかったなぁ、残念だなぁっていう気持ちもある」としつつ、「でも勝ててよかった」と笑っていました。

■賀喜、トレンド入りの反響!

ライブの裏側について知る事ができた今回の放送について、ネット上では「4期生ライブの振り返り、めちゃくちゃ記憶が蘇ってきてまた見たくなりました」「ライブの裏話とか聴けてよかった」「今ライブのことを振り返ってただけで鳥肌が立った…それぐらい本当にいいライブでした!感動をありがとう!」など多くのコメントが殺到。

「乃木坂LOCKS」や「賀喜遥香」と言ったワードが一時、Twitterのトレンドに入る事態となりました。

ライブを大成功へと導いた4期生の成長。その背後にある絆や努力が印象的でしたね。

改めて更なる4期生の躍進に期待を膨らませたという方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
SCHOOL OF LOCK!「乃木坂LOCKS」
https://radiko.jp/#!/ts/FMT/20210513220000

(文:こじこじ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.