西野七瀬、テンションが一番上がる時を告白!飯豊まりえと約半年ぶりの『電影コンビ』癒し系ガールズトークでファン歓喜

投稿日:2021/02/17 13:04 更新日:

国村隼さんがナビゲーターを務め、毎週月曜から木曜の深夜に放送されているラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」(TOKYO FM)。2月16日の放送回では、西野七瀬さんと飯豊まりえさんが出演。今、ハマっている事や一番テンションが上がる時などを明かして、話題となりました。

(画像:時事)

■西野、飯豊と約半年ぶりの『電影コンビ』

2018年に放送された西野さんの主演ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系)で共演して以来、互いに誕生日を祝福し合うなど、親友関係にある二人。

今回は約半年ぶりの再会となりました。

番組序盤、飯豊さんの「人とのさ、運はすごく良い?」という質問に、「すっごい良い」と即答する西野さん。

「それ自信を持って言えるのすごい。素晴らしい」と感心する飯豊さんに、西野さんは「良い人とばっかりお仕事する事多いなぁって思う」と改めて振り返りました。

さらに飯豊さんは、「なんか、あと、なぁちゃんのさ、お友達というかさ、プライベートで一緒にいる人たちもなんか、みんないい人。優しい~、みたいな。じゃない?」と指摘。

西野さんは「そうなの。いや、まりえちゃんも」と飯豊さんの名を挙げつつ同意。

さらに、「うちのお母さんも言ってる。『あんたと仲良くしてくれる子って、ほんまに優しい子やんなぁ』って言われて。ななもそう思うわぁって」と、家庭内でのエピソードを関西弁で明かしました。

続いて、飯豊さんは「なぁちゃんさ、いやなんか本当に、なんかあの、なんて言うのかな、パッと明るくなったというか、なんだろ、最初初めて会った時よりも、なんかまず放っているオーラが違う。なんか、めっちゃお花が見えるって言うか。明るいし。周りの人たちも、なんかいっぱい明るい人たちがいるっていうイメージ」と、出会った時と現在で西野さんに対する印象が変わった事を告白。

これに対し、西野さんは「ほんまに? まじで? うそー、よかったぁ」と喜びつつ、「うん。良い人、素敵な人たちが周りにいるなぁって感じる」と答えていました。

■西野、テンションが一番上がる時を告白!

番組中盤、飯豊さんから「最近ハマっている事は何?」と質問されると、西野さんは「えー、もう、ほんとにさ、お家と稽古場の往復ばっか」と多忙な日々を送っている事を明かします。

さらに「ご飯は? どうしてる? 最近。20時に(飲食店が)閉まるじゃん」と重ねて質問されると、「外食は全くしてなくて。稽古の時、12時~18時で。お昼っぽいのをお家で食べてから行くんだけど、やっぱどうしてもお腹減るの。なんか15時とかぐらいに。だからそれ用に焼き芋とかを食べてる。間食、軽食みたいな感じ」と、最近焼き芋にハマっているそう。

「改めて焼き芋って美味しいなって」と語る西野さんに、飯豊さんも「焼き芋美味しいね~」と共感。

西野さんはさらに「美味しいし、体に良いんだよね」と熱く焼き芋愛を語っていました。

続いて飯豊さんの「一番さ、なぁちゃんがさ、うわぁめっちゃテンション上がるなぁみたいな時ってさ、どんな時?」という質問に対し、西野さんは「今日が稽古がない日だったから、"謎解き"に行ってた」「『リアル脱出ゲーム』というか、SCRAPという謎解きの会社があって。そこにちょっと遊びに行ってたんだけど。めっちゃ楽しかった」と明かします。

さらに、「色んな場所にあるんだけど、(リアル脱出ゲームを体験できる)『アジトオブスクラップ』という、『謎ビル』って言う建物がね、あるの、色んな所に」と話を続け、飯豊さんが「そんな所がこの日本にあるの?」と質問すると、「あるの。一杯あるよ。全国にもある。あの、大阪とかさ」と熱弁。

「知らない。その存在を」と驚いている飯豊さんを、「ほんとに!? ウソ! じゃあ誘いたい。誘ってもいい?」と勧誘していました。

雑誌「non-no」で連載中の「乃木坂46 西野七瀬のななせるふ。」で、「子どもみたいに夢中になれるのは全身を思い切り動かす時間!脱出ゲームで頭と体をフル回転させて謎解きに挑んでいる時は、まさにそう」(2020年11月号)と語るなど、これまでにも度々謎解き愛を口にしてきた西野さん。

その為、ネット上にも「なぁちゃん謎解き好きやなぁ」「なぁちゃんと偶然謎解きするのに居合わせて一緒に回りたい」「活き活きと謎解きの話するなーたんかわいい」など、謎解きについて熱く語る西野さんを絶賛するコメントが多く投稿されていました。

■二人の癒し系ガールズトークでファン歓喜

番組後半では、「最近何にときめいた?」という話題に。

西野さんは「ときめく、難しいね」としつつ、「ときめくような事はないです」と答え、「ときめく事ってほんと、1年に数回っすかね」と明かしました。

これに対し、飯豊さんは「少ない。少なすぎます」とツッコみ、「私、多いよ、めっちゃ」と告白。

その理由として、「何でもときめくようにマインドを置いている」事を明かします。

これを聞いて西野さんは、「そういう事か。ときめきやすく、ちょっと変えてるって事? マインドを。じゃあ、そうしてみるわ、明日から。探すわ」と、ときめきを探す事を表明していました。

番組の最後、互いの好きなところを言い合う展開になると、西野さんは「言葉にあんまできないかもしんない。なんとなく(好き)」、飯豊さんは「空気感はすごい大好き、なぁちゃんの。なんだろう、色々聞きたくなるし。何してるのー? とか、大丈夫なのー? とか、元気なのー? とか」と、互いに好きな理由を明かして笑い合う二人。

新型コロナウイルスによる自粛後に、西野さんの運転で温泉旅行に行く事を約束するなど、終始穏やかな雰囲気で進行した今回の放送。

ネット上では、「二人とも声にヒーリング効果があって眠くなる」「久々の"電影コンビ"、やっぱいいねぇ」「癒し系ガールズトーク、最高です」など、二人の声に癒されたという投稿や久々の"電影コンビ"に歓喜するファンの投稿が多く上がっていました。

さらにエンディングでは、二人が共演した「電影少女」の主題歌、tofubeatsの「ふめつのこころ」が流されるという番組スタッフによる粋な計らいも。

これにはファンも注目し、ネット上には「ここで、ふめつのこころはやばい。涙腺が」「スタッフさん、ありがとうございます!」「ふめつのこころ聞いてなんか心がジンと来ました」など、感動のコメントが殺到していました。

共演してから3年以上、変わらぬ友情を育む二人の"ふめつのこころ"。

そんな関係性を随所に感じる事のできた放送内容に、改めて親友の二人が再び共演できる事を望み、期待に胸を膨らませた方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
TOKYO SPEAKEASY
https://radiko.jp/#!/ts/FMT/20210217010000

(文:こじこじ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.