元詐欺師「その場で即決」と「言わないで」は2点セット!驚くべき手法が「勉強になる」と話題 #ねほりんぱほりん

更新日:

10月9日放送の「ねほりんぱほりん」(NHK)に、元詐欺師の男性が登場。祖母との思い出話まで悪用する驚きの詐欺の手法を明かし話題を集めました。

元詐欺師の男性が明かす驚愕の詐欺手法とは?

この日、登場したのは保険金詐欺、美人局を使った詐欺、リフォーム詐欺などありとあらゆる詐欺で2億円の金額を騙し取ったという詐欺グループの元リーダーの男性。

男性がこれまでやった詐欺として、男性の先輩や車屋とグルになった交通事故詐欺について解説。詐欺のやり方はまず、ターゲットとなる相手を車で来させてベロベロに酔わせた状態を作り上げるとのこと。

そしてその状態で車を運転させ、帰宅途中にベンツと接触事故を起こすというもの。もちろん事故の相手はあらかじめ待っていた男性の先輩で、わざと接触しています。

古典的な当たり屋の手法で、客観的に見て悪いのはわざと接触した男性の先輩の方に違いありません。ですが、ターゲットには飲酒運転をしたという弱みが。

そのため、警察に連絡せずに示談にするのですが、加害者側からお金を請求すると恐喝になってしまいます。

そこで、グルの男性が味方のふりをして、ターゲットの方から「お金払うんで許して下さい」って言葉を引き出すように仕向けるんですね。

美人局詐欺、やってもいない乱暴を信じ込ませる

また、他にも美人局を使った詐欺では、女の子がいるからと飲み会の席にターゲットを誘い出して、泥酔するまで飲ませます。

ターゲットが眠ってしまうと、「女の子の服をわざとはだけたのを用意して、ストッキングとかも破ったりとかして、また怖い先輩を登場させて…」と、やってもいない乱暴をしたという架空の物語を作り上げるとのこと。

酔っ払って乱暴をしたと思い込んだターゲットの間に詐欺師の男性が入り、「ちょっと警察行こうかと思うって言った時に僕が止めれるんですよね、警察行ってもまた来るよって。お金でほんとこれは終わらせようっていうふうに、こっちが恐れていた警察を遮断させることができるんですよね」とその驚くべき詐欺手法を明かします。

逆に言うとそうした状況に追い詰められた時は、絶対に警察に行くことが重要とも言えるでしょう。

また、現在の詐欺はより巧妙になっていて、オレオレ詐欺グループでは、主犯の下にアジトを手配するハコ屋、携帯や名簿を用意する道具屋、電話をするかけ子、お金を取りに行く受け子など、チームの中は細かく階層に分かれているため、末端が捕まったとしても上までたどり着かないシステムになっているとのこと。

自身のおばあちゃんとの思い出も詐欺に利用

他にも、高齢者をターゲットにするリフォーム詐欺について、元詐欺師の男性は母子家庭で祖母といつも過ごしていた経験を生かし、「おばあちゃん子ですよって言ったりとか、なんとか僕を信用させるように、手口にのせて、おばあちゃんとの実際の僕の思い出話を被害者のおばあちゃんにすることによって、僕のことを孫のように見てくれるようになる」と、祖母との思い出話を被害者を騙すための手段にする卑劣な手法も明らかになりました。

男性は「どんな詐欺でも共通しているのが、今直さないと大変なことになるって、恐怖に陥れるわけですよ。恐怖をあおって、そこで僕が今度はいい人になるわけですね」と詐欺に共通する手法、そして、「その場で即決」「言わないで」は詐欺の2点セットと、注意喚起を行います。

驚愕の詐欺手法にネットでは「勉強になる」の声

ネットでは、「今日のねほりんぱほりん、リアルに勉強になる」「社会派すぎるぞ、今夜のねほりんぱほりん」「即決を煽る誰にも言わないでくれこの2つは詐欺(わかりすぎる)」などのコメントが上がっています。

詐欺をやっていた男性の言葉はリアルで、特に「その場で即決」「言わないで」という詐欺師の常套文句には注意が必要ですね。

また、アポ電の場合は録音しておくことが重要だったり、詐欺が凶悪化しているケースもあると専門家が話されていて、勉強になる放送回でした。

https://www.youtube.com/watch?v=Q8eXu8hQw2A
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.