夏木マリ「私、こんなお姉さんが欲しい!」清原果耶を絶賛した理由とは?

投稿日:2021/06/19 16:08 更新日:

6月19日放送の「土曜スタジオパーク」(NHK総合)では、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で共演する清原果耶さんと夏木マリさんがゲストとして登場。ドラマで清原さんの妹を演じる蒔田彩珠さんがメッセージを寄せ、話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■蒔田、清原の素顔を明かす

今回は「おかえりモネ」の舞台となった宮城県登米市からの公開生放送を実施。

また、「おかえりモネ」で主人公・永浦百音を演じる清原さんと、新田サヤカ役で出演している夏木さんがゲスト出演しました。

ドラマの中で百音の妹・未知を演じる蒔田さんが、VTRで登場。

姉役の清原さんについて、蒔田さんは「今回『おかえりモネ』で初めて会った時に、『会いたかったよ!』って駆け寄ってくださって、あっ、お姉ちゃんってこういう感じだと思いましたね」と、最初から親近感を抱いたことを明かします。

また、現場での清原さんの印象を尋ねられると、「すごく周りを見ている方で、普通だったら気付かないことにもすぐに気付いて、すぐ対応していて、いつもかっこいいなって思ってます」とコメントしました。

■蒔田が清原の秘密を暴露?

蒔田さんによると、「次のシーン、ここどうしようって悩むこととかもあって、でも、果耶ちゃんがそれにすぐ気付いて『どうしたの?』って声かけてくれて。『ここのシーンのこの台詞を言うのが難しそうなんだけど』って説明すると、『じゃあ私がその前の台詞をこう変えるから』ってしてくれたり、そういうことが多いですね」と、現場で清原さんは親身になって手助けしてくれたとのこと。

さらに、舞台裏の清原さんの素顔を尋ねると、蒔田さんは「常にご飯の話をしているのは意外でしたね。さっきも話してました。お昼の後の1シーン目なのに、『お腹空いたなぁ〜』って言ってました。そこが果耶ちゃん可愛いなと思いました」と素顔を暴露すると、清原さんは思わず口元をおさえて大笑いしていました。

■夏木「私、こんなお姉さんが欲しい!」清原を絶賛した理由とは?

VTR終了後、足立梨花さんが「よく周りを見ているという話も出ていましたけど、夏木さんは近くで見ていてそういうふうなの感じました?」と質問。

すると、夏木さんは「私も全くそう思いました。大人です。私、こんなお姉さんが欲しい!」と話すと、驚いた清原さんは目が点に。

夏木さんは「私は、みーちゃんの気分。こういうしっかりしたお姉さん、現場では本当に、何て言うのかしら。私が見習うところがたくさんあります」と語り、先ほどの言葉の真意を説明します。

また、「ちゃんと自分の芝居をやりつつ、周りを見ているという、フィールドの広さがすごいなと思っていつも見ていますね。自然体なんですよね。気遣いには見えないけど、もう才能だと思う。ぱっと察知できる」と話し、清原さんを絶賛。

蒔田さんと夏木さんに褒められて喜ぶ清原さんは、「にやにや…すごい嬉しいです。現場にいるスタッフの方もそうですし、キャストの方も私も、気持ちよくお芝居できたらいいなと思いながらやっているので、まきまきにも夏木さんにもそう言ってもらえていたら嬉しいです」と語り、笑顔を見せました。

今回の放送にはネット上で、「本当に19歳とは思えない落ち着きっぷりな清原果耶ちゃん」「清原果耶ちゃんは蒔田彩珠ちゃんのことを『まきまき』って呼ぶのか、可愛い」「舞台の土地からの公開生放送って毎回その土地の人が楽しんで見てるんだなーって伝わってくるから好き。清原果耶ちゃんと夏木マリさんの空気感も素敵で、楽しかった!」などのコメントが上がっています。

しっかり者の清原さんですが、撮影現場ではいつもご飯のことを考えているという蒔田さんのタレコミが面白かったですね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.