まさかの展開!?南キャン・しずちゃん、大好きな銀杏峯田を前に頬を赤らめていると見せかけ、実は…

更新日:

毎週水曜日深夜1時から放送のTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」。10月14日の放送では、山里さんの相方・"しずちゃん"こと山崎静代さんが、憧れの人を前に"乙女"になってしまったと明かし、話題となりました。

(画像:時事通信フォト)

■舞台終わりに、番組に駆けつけるしずちゃん…どうしても出演したかった理由とは?

現在、舞台「おかしな二人」の公演真っ最中で、大忙しだというしずちゃん。

先日、南海キャンディーズが司会を務める音楽番組「プレミアMelodiX!」(テレビ東京系)の収録があったのですが、しずちゃんは舞台が終わり次第、ギリギリで少しだけ出演することになったそうです。

番組を休まず、「最後のゲストぐらいには間に合うかも…」と言うしずちゃんの熱意に、スタッフも「ありがとうしずちゃん。舞台で忙しいのに…」と感動していたそう。

しかし山里さんが、「何のことは無い。最後に来る、銀杏BOYZの峯田(和伸)さんに、会いたかっただけっていうね」と告白し、笑いを誘いました。

■いつになく頼もしいしずちゃんに山里「初めて、あの子の背中に付いて行った」

しずちゃんは、大きな舞台の前に、銀杏BOYZの曲を聞いて士気を上げている程、銀杏BOYZの大ファンなんだとか。

峯田さんとプライベートでの交流もあるため、山里さんは「(2人のトークは)絶対ハネる」と期待し、しずちゃんの到着を待ちます。

すると、満を持してしずちゃんが到着。

しずちゃんは、ドラマの主人公の如く、「ごめんね、待たしちゃって。行こうか」と、いつになく頼れる姿を見せてくれたのだそう。

山里さんは、「俺は、初めて『MelodiX』で、あの子の背中に付いて行った」と、当時を振り返りました。

■まさかの展開!?しずちゃん、大好きな峯田を前に頬を赤らめていると見せかけ、実は…

気合が入っているのか、頬を少し赤らめているしずちゃん。

峯田さんと、どんなトークを繰り広げてくれるのか期待しつつ、山里さんは収録に臨みます。

しかし、憧れの峯田さんを前に、"乙女"の部分が出てしまうしずちゃん。皆があっと驚くエピソードを期待して、色々と質問する山里さんに、「えっ…えっと…」「すごい…」「楽しい…」などの簡単な答えしかできず、語彙力を失ってしまいます。

痺れを切らした山里さんは、「何かないの? しずちゃん。せっかく峯田さん来てるよ!?」と、ダメ押しをしたそう。

すると、しずちゃんは「あの…終わったら、写真撮ってもらっていいですか?」と質問したとのことで、山里さんの話を聞いていたスタッフも大笑い。

山里さんは、「気合いで、頬を赤らめてたんじゃないのよ。峯田さんが来るっていって、いつもよりチーク多めに塗っただけだった!」と明かし、さらに笑いを誘いました。

■しずちゃんの可愛らしい様子に「推しを目の前にしたヲタクw」の声

ネット上では、番組を聞いたリスナーから、「推しを目の前にしたヲタクwww」「本人を前にすると力を発揮できないオタクあるあるだ笑」「好きな人の前では、誰だって乙女」などの声が上がりました。

終始、しずちゃんのモノマネをしながら、このエピソードを語っていた山里さん。

しずちゃんの可愛らしさと、山里さんのモノマネが相まって、笑ってしまったリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
JUNK 山里亮太の不毛な議論
http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20201015010000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.