元欅坂46・長濱ねるの"七夕復帰"にファンが湧いた理由…"伝説のひらがなけやきライブ"とは?

更新日:

2019年に突如、欅坂46を卒業して以来、メディアから姿を消していた長濱ねるさんが、7月7日に芸能界へ電撃復帰を果たしました。多くのファンや、長濱さんの古巣である日向坂46のメンバーは口々に驚きや喜びを発信し、今ネット上を騒がせています。

(画像:時事)

■電撃復帰をファンは予測済みだった!?

長濱さん復帰の前日、ネット上では「種花がNAGAHAMANERU.JPというドメインを取得している」と話題を呼んでいました。

"種花"とは、欅坂46や日向坂46の所属するSeed & Flower合同会社のこと。

ファンは、「初めに確認した人すげーわ、よく見つけたな」「どうせ偽物だろと思って検索してみたらガチで出てきてびっくりした」と口々に反応し、反響は瞬く間に広がりました。

Seed & Flower合同会社は、元欅坂46の平手友梨奈さんも所属。

平手さんの場合は、3月2日にドメイン取得、その2日後の3月4日に公式サイトが発表されていたことから、長濱さんも近日中に良いニュースがあるのではないかと期待を高める人が続出。

そして7月7日、長濱さんがバラエティ番組「セブンルール」(フジテレビ系列)で復帰することが発表されると、ネット上はお祭り騒ぎとなりました。

■長濱ねるの"七夕復帰"にファンが湧いた理由…"伝説のひらがなけやきライブ"とは?

長濱さんといえば、日向坂46の前身となった「ひらがなけやき」創設のきっかけとなったメンバーです。

結果的に長濱さんは欅坂46専任のメンバーとなりましたが、その後「ひらがなけやき」は日向坂46となり、今もメンバーたちが活躍を続けています。

そんな長濱さんと日向坂46の関係性に注目するファンは多く、中には今回の七夕の復帰を受けて、2018年7月7日に開催された"伝説のひらがなけやきライブ"「LIVE MONSTER LIVE 2018」を思い返す人も。

当時、長濱さんが主演していたドラマ「七夕さよなら、またいつか」(日本テレビ系/2018年)とのコラボで、長濱さんはライブにサプライズ参加。

ソロ曲「100年待てば」をメンバーたちと披露したり、ファンを沸かせていました。

なにかと7月7日に縁のある長濱さんに、多くのファンが「リアル織姫なんか?」「100年待たなくても1年待てばいいことあったよ」と喜びを爆発させています。

■長濱ねるのファンには、春日も!

お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰さんは、自身の番組内で「長濱ねるくんの大ファン」であることを明かしていました。

春日さんは「ひらがなけやき」を創設時から見守ってきたひとりで、グループの冠番組も相方の若林正恭さんと務めていました。

その若林さんは、「セブンルール」を番組当初から盛り上げてきたひとり。若林さんは番組を卒業してしまいましたが、長濱さんは若林さんの著書を愛読していると公言していたことから、「ねると若林のからみ見たかったな」という声も多くあがりました。

一方で「春日さんは喜んでそう…」と交代劇を面白がる人もいたり、「ひらがな、日向坂、オードリーで輪ができてるかんじエモくて好きよ…」「なんか感動しました」とファンのあいだで反響が広がっています。

■佐々木久美も粋なブログで復帰をお祝い!

日向坂46の佐々木久美さんは、長濱さん復帰直後に「むらさき」という題でブログを更新。

七夕の日であることに触れたあと、「私はお願い事するの忘れてしまったけど、素敵なことが沢山起きた1日でしたの」「皆さんも同じ気持ちな気がします」と綴りました。

「むらさき」色は長濱さんのペンライトカラーであることから、佐々木さんのブログの真意を汲み取ったファンは多く、「こういう時にすぐブログでねるのことを書いてくれる佐々木久美ちゃん、本当に素敵すぎる」「久美も嬉しかったんやな!」と共感の声が相次いでいます。

欅坂46、日向坂46、オードリー、「セブンルール」のファンたちを盛り上げ、ネット上を賑わせた長濱さんの復帰に、最高の七夕になったと感じる人も多いのではないでしょうか。

これからの長濱さんの活躍に期待が高まりますね。

(文:緑野ヒカリ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.