「ライバルだし、親友だし、常に意識している存在」森山未來の親友はあの俳優!メッセージが話題に

投稿日:2020/12/12 13:16 更新日:

12月11日放送の放送の「A-Studio+」(TBS系)に、森山未來さんがゲストとして登場。森山さんの親友として永山瑛太さんが取材に応じ、送ったメッセージが話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■森山が「A-Studio+」に登場

森山さんが監督を務めたショートフィルムで主演を務めたのが、友人の永山さん。

この作品で、永山さんはコンテンポラリーダンスに挑戦。

そのことについて森山さんは、「僕は、彼の体はすごい面白いと昔から思ってて、日常の動きとか、まあ、一緒に酒飲んで酔っぱらった時の動きとか」とコメント。

すると、笑福亭鶴瓶さんは「言うとった、瑛太が。『いっつもお前の動きはおかしい』言われる」と、永山さんを取材したことを森山さんに報告。

続けて、「『いっつも刺激される』言うてたもん、何かしたことに対して『すっごい刺激される』って」と、瑛太さんの言葉を森山さんに伝えます。

今から20年ほど前に出会った森山さんと瑛太さん、昔はよく喧嘩もしたとのこと。

そのことについて、鶴瓶さんは「あとからディレクターに聞いたら、あの『WATER BOYS』(2003年/フジテレビ系)のね、まあ言うたら監視係やったんやて…。ずっと言われてた、瑛太が。未來は何するかわからへんから、とにかく監視してくれ言われたんで、ずっと気になって色々言うてたんやて」と、瑛太さんは森山さんを心配して口うるさく言うことがあったことを明かします。

この話を知った森山さんは、「あっ、そうですか、全然それは知らなかったです」と、初めて聞いた話に驚きの表情を浮かべました。

■「ライバルだし、親友だし、常に意識している存在」森山の親友はあの俳優!メッセージが話題に

番組のエンディング、鶴瓶さんは「瑛太の言葉をあの、森山未來に贈らせてもらいます」と取材した瑛太さんの言葉を森山さんに報告。

鶴瓶さんが瑛太さんの言葉を代読する形で、「未來はライバルだし、親友だし、常に意識している存在。僕は俳優一本でやっていて、どこかで俳優の仕事以外を避けていた部分があって、未來が何で踊りってことを辞めないのかなって考えたけど、でも、森山未來監督のコンテンポラリーダンスを初めてやってみて、俳優として、肉体で表現しないといけない時に、踊りが肉体を知るって意味がいかに大切かということを、少しだけわかった気がした」と語ります。

続けて、「出会って20年ぐらい経って、今ここにたどり着いたことが節目になったというか、まだ僕らは発展途上です。本当に良いやつなんでよろしくお願いします」と、瑛太さんのメッセージを森山さんに伝えました。

今回の放送にはネット上で、「森山未來さん素敵な方だったなぁ〜瑛太さんからのメッセージもコレまた泣けるし鶴瓶さんがやたら大きくみえて熱くかたっていたところも魅力がだだもれで伝わりました」「森山未來×永山瑛太。ふたりともかっけぇーな!」「瑛太くんの言ってたことにもつながるけど森山未來が役者として圧倒的なのはその身体性なんだよね。肉体の説得力がすごい」などのコメントが上がっています。

最後の瑛太さんの森山さんへのメッセージが、とても素敵でしたね。

また、「WATER BOYS」で森山さんを監視するように言われていたというエピソードも貴重だったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.