森川葵、ドクターストップで一時帰宅…下半身が悲鳴あげたか!?根性に「惚れ惚れする」の声

投稿日:2021/06/03 11:19 更新日:

6月2日放送の「それって!?実際どうなの課」(中京テレビ・日本テレビ系)では、"ワイルドスピード"こと女優の森川葵さんがシガーボックスに挑戦。ドクターストップのピンチを乗り越える森川さんの姿が話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■森川、ドクターストップで一時帰宅…下半身が悲鳴あげたか!?

驚異的なスピードで達人技を習得することから、"ワイルド・スピード"の異名をもつ森川さんが、今回挑むことになったのはシガーボックス。

シガーボックスパフォーマーのまさきちさんを先生に迎え、基本技をすぐにマスターするなど、ここでもセンスの良さを発揮する森川さん。

また、まさきちさんが「僕は安定させるのに1週間ぐらい」と語る技、フラット・コンビネーションについても、森川さんは「でも1週間…。人が1週間で出来るんだったら、頑張ったら(1日で)出来るかな」と自信を垣間見せます。

しかし、初心者が1日で習得するには難しい技ということもあって、下半身が悲鳴をあげた森川さんにドクターストップがかかり、森川さんは帰宅することに。

■復活した森川がセンスを発揮

それから1週間後、体調が回復した森川さんは練習スタジオに現れると、「筋肉の続く限り本日も限界まで挑戦させてください。お願いします」とチャレンジを再開。

すると、自宅でイメージトレーニングをしていた森川さんは、練習開始から30分でフラット・コンビネーションを成功させます。

あまりのスピードに、まさきちさんが「本当にイメトレだけですか? こっそり買ったりとかしてないですか?」と問いかけると、森川さんは「買ってないです」とコメント。

実は、1週間前のロケ終了後、まさきちさんに「シガーボックスを持って帰りませんか?」と聞かれていた森川さん。

しかし、「そこはズルしたくないんでやっぱ。ズルしたくないんで、その場でしかやらない」と、ズルは絶対にしないことを約束していました。

■森川の根性に「惚れ惚れする」の声

さらに、森川さんは満身創痍になりながらも、より難易度の高い技・スピニングタンブルも成功させ、"ワイルドスピード"の異名に恥じない活躍を今回も見せます。

最後、森川さんが汗だくになりながら「ホッとした!『頑張ったね』って言ってくれますかねみんな」と尋ねると、まさきちさんは「それは言わないやつ、ヤバいっすね!」と答え、森川さんの頑張りを称えました。

今回の放送にはネット上で、「凄すぎる!体の動かし方のセンスも根性も凄いし出来たときの笑顔とか最高すぎる」「森川葵さんの絶対諦めない根性に惚れ惚れするわ~シガーボックスめちゃめちゃ難易度高いはずなのに」「達人の出来るまで1週間かかりました。と言うコメントに対して、普通の人で1週間なら1日で出来るかもと返す。達人もワイルドスピード森川にとっては普通の人。集中力と根性と感覚が常識外。本当に凄い」などのコメントが上がっています。

一度はドクターストップでチャレンジが中断するも、再挑戦でより難しい技まで成功させてしまう森川さんは流石でしたね。

【番組情報】
それって!?実際どうなの課
https://tver.jp/corner/f0075495

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.