ミキ亜生、千原ジュニアの"細胞レベル"兄弟あるあるに共感!「お兄ちゃんが悪いこと言われたら…」仲の良さにファンほっこり

更新日:

10月8日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、「兄弟でコンビ組んでる芸人」を放送。ミキ・昴生さんが、弟の亜生さんと仲の良さを感じるエピソードを明かし、話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■亜生、ジュニアの"細胞レベル"兄弟あるあるに共感!「お兄ちゃんが悪いこと言われたら…」

司会の雨上がり決死隊・蛍原徹さんが、「兄弟でコンビを組んでいる皆さんならではのあるあるを教えてください」と話を振ります。

千原兄弟・千原ジュニアさんは、ピンでやっている番組のスタッフと、飲みに行った時のエピソードを披露。

たまたま店のテレビに千原せいじさんが映り、「おもろいヤツやな」と盛り上がっていた所、スタッフの一人が酔っ払っていたせいもあり、せいじさんをバカにするような発言をしたそう。

その時ジュニアさんは、「普通に考えたら、『いやホンマあいつね』とかって(乗っかる形に)なってるはずやねんけど、もう気ぃついたら『誰に言うてんねん』みたいな…。もうだから、脳じゃなくて細胞が言ってまうみたいな」と、兄が侮辱されると、本能的に自分も怒ってしまうことを告白。

この話を聞いた亜生さんも、「わかる! お兄ちゃんが悪い事を言われたら、もう絶対にこっちが怒るっていうの」と、ジュニアさんの意見に共感しました。

■ミキの仲の良さにファンほっこり「ひたすら可愛い」

続いて、昴生さんは「僕が攻められるのが(自分の妻は)めっちゃ嫌なんですよ」と、妻の意見を紹介。

昴生さんの妻は、亜生さんが昴生さんを周りと一緒になってイジるのが、仕事とはいえ、許せないそう。

「弟やったらそこは守れよ」と思うそうで、昴生さん曰く、「だから嫁の理想としては、ワーッて(昴生さんが)攻められてたら、亜生がバッて出てきて、『お兄ちゃんに悪口言うのやめてください』というのが理想」なのだとか。

また、「仲いいであるあるなんですけど、亜生が僕の事、全部理解してるんですよ。もう何から何まで、もう百まで理解してるんで。なんか、二択で問題出たりするじゃないですか、AとB選びなさいみたいな。僕に合わせて、間違えた事1回もないんですよ」と、兄弟の絆の強さを感じる瞬間を明かします。

この話を聞いたジュニアさんは、「じゃあ、もう亜生一人でいいんちゃう?」とコメント。

すると亜生さんが両手を広げて昴生さんを守るように立ち上がり、「ちょっと、やめてあげてくださいよ!」と、昴生さんの妻のリクエスト通り、実践することに。

一方で、昴生さんは「いざやったら邪魔や! ええやつくれはりましたよジュニアさん、パス」と、ツッコみつつ、ナイスパスを送ったジュニアさんに感謝を伝えました。

今回の放送にはネット上で、「兄弟芸人おもしろい嬉し泣き お兄ちゃん大好き亜生くんかわいいなあ」「亜生のお兄ちゃん愛さすがすぎるw」「お兄ちゃん大好きな亜生がひたすら可愛い」などのコメントが上がっています。

ジュニアさんも亜生さんも、兄が悪く言われたら自分の事のように怒るという話に、兄弟愛を感じた方が多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.