"母親"宇多田ヒカルの率直な言葉に共感の嵐「子どもできたからって…」 #マツコの知らない世界

更新日:

1月3日放送の「マツコの知らない世界SP」(TBS系)に宇多田ヒカルさんが出演。宇多田さんが母親としての心情を率直な言葉で語り、話題を集めました。

■宇多田が母・藤との関係を語る

宇多田さんをゲストに招いたこの日の放送。マツコ・デラックスさんが、現在はロンドンを拠点に暮らしているという宇多田さんに、「子ども、血引いている?」と質問。

すると宇多田さんは「そうですね」と即答。この言葉を聞いたマツコさんは「うわっ楽しみ」と歓声を上げ、「藤圭子から宇多田ヒカルっていうのが凄いのよ」とコメント。

マツコさんの口から母親の藤さんの話が出ると、宇多田さんも「遺伝子って凄いなって思います」とこの意見に同意していました。

マツコさんは、「大変だったと思う。この才能をもって生まれた娘っていうので、なんか色んな思いがあったと思うのよ」と、藤さんが娘の宇多田さんと向き合う時には葛藤があったのではと推察します。

しかし宇多田さんは、「ライバル心とか、競争心がないのがうちの特徴」とした上で、「ヒカルの声はいいから、いい声だから、プッシュ、プッシュみたいな」と、むしろ藤さんが積極的に自分を後押してくれたとコメント。

宇多田さんは、自身のデビュー前に藤さんが「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した際のエピソードも紹介。

藤さんは「娘がすごいの」と語り、宇多田さんが12歳当時作った楽曲の音源を番組で流したそう。

宇多田さんはこの映像はネットで見て、「恥ずかしくて嫌だった」と感じたそうですが、マツコさんは「もう認めざるをえなかったんじゃない、お母さんも。化け物が生まれたわ」と、娘の才能を伝えたい藤さんの心情に思いを巡らせていました。

■"母親"宇多田の率直な言葉に共感の嵐「子どもできたからって…」

2015年に長男を出産した宇多田さんは、自身が子供時代、様々な場所を転居する生活を送っていた経験を踏まえ、「あんまり子どもにはさしたくない」とコメント。

また、「普通に育ってほしいです。元気に自分らしく」と語ると、マツコさんは「子ども産んでよかったタイプね」と反応。宇多田さんもこの言葉に、「そうですね、すごく感謝してます」と同意していました。

一方で宇多田さんは、「子どもできたから人間そんな変わるわけじゃない、親だってただの人間じゃん」と、自身の思いを率直に口にします。

続けて、「全部そこ(子ども)に自分のもん託しちゃうと……。子どもがそのうち巣立った時に、『あれ何もなくなったみたいな、私の人生何だったの?』っていうのを子どもに対して感じたくないから、私も私らしく生き続けて、それを見てもらえたらいい」と語りました。

宇多田さんのこの言葉にはネット上で、「宇多田さんのこの言葉だけでも観る価値があった」「『親だってただの人間じゃん』に救われる」「痛く共感。親も自分と同じで初めての子育てに四苦八苦しながら育ててくれたんだなと常々思っていたので。完璧な親なんて存在しない。だから肩の力を抜いて同じ人間として姉妹と向き合いたいな」などのコメントが上がっています。

宇多田さんの変に気取った感じもなく、素直に自分の思っていることを話すところがよかったのではないでしょうか。特に、「親だってただの人間じゃん」という言葉が心に響いたという方が多かったようです。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.