藤森慎吾の決断に「一番苦しかったと思う」河本準一、番組降板した中田を呼び出し…アドバイスが泣けると話題

投稿日:2021/01/09 11:19 更新日:

1月8日に更新された、お笑いコンビ・次長課長の河本準一さんのYouTubeチャンネル「河本じゅんちゃんねる」では、河本さんが昨年末に吉本興業を退社したオリエンタルラジオについて語り、話題になりました。

(画像:時事)

■河本、番組降板した中田を呼び出し…

今回の動画では、昨年末に吉本興業を退社したオリエンタルラジオについて、河本さんが語ることになりました。

吉本興業を退社する前に、中田敦彦さんがテレビ業界から去ったことについて、河本さんは「俺は、中田敦彦のわがまま。これ、和解するまでわがままって思ってたから」とコメント。

聞けば、コンビで担当していた番組を自分だけ降板するという中田さんの対応に、「どういうことやねん」と不信感を抱いていたのだそう。

さらに、「一回敦彦を呼び出して喋ったこともあります」と、自身が中田さん後任としてオリエンタルラジオの番組を受け継ぐことになったタイミングで、中田さんと話し合いをしたと明かします。

そして話し合いの場で、中田さんは「すみませんでした」と謝り、事情を説明してきたとのこと。

そんな中田さんの説明に納得したという河本さんは、「ただ、そういう事は先輩が代わりをやることだから、お前はちゃんと俺に言わなきゃいけない」と後任する先輩に、まずは事情を説明すべきだったと忠告した事を告白しました。

■藤森の決断に「一番苦しかったと思う」

次に、河本さんが弟のように可愛がる藤森慎吾さんから退社の相談をされたことに、「半月の間に決めなくちゃいけなかった。一番苦しかったと思う」と藤森さんの気持ちを労います。

続けて、「だから僕も2つ返事で『そうしろ!』なんて事は言えなかったわけですよ」と、藤森さんの気持ちがわかるからこそ簡単に答えることができなかったとのこと。

さらに「『頼むから残ってくれ』って言ったら、アイツは情に熱い人間だからそこでまたグラつくと可哀相だし。決めるのは本人、本人の人生なので。そこを先輩が道筋立てて軌道修正するのは基本違うかなと思ったので」と、藤森さんの意志に委ねたと告白。

そして、河本さんは「お前が最終的に出した結果に、全て後押しする。迷わずに自分で決めること」と、どんな道を選択しても応援するとアドバイスしたのだとか。

また、藤森さんに「先輩と後輩はどこに行こうが何をしようが変わらない」と所属事務所が違っても関係性は変わらないことを伝えたと明かし、「『フリーになったから先輩後輩の関係が切れます』という事にはならない」と断言しました。

■河本のアドバイスが泣けると話題

ネット上では、「カッコいい好きの藤森くんが、あんなに慕うわけですね」「藤森さんこれ見て泣いちゃいますね。。本当に素敵な先輩!かっこいい!」「芸人って素敵やな、面倒見良い河本さん、見てて気持ちが熱くなりました」などの声が上がっています。

今回、オリエンタルラジオの吉本興業退社の件について語った河本さん。

後輩のことを大切にしている思いが伝わってきたのではないでしょうか。

【番組情報】
河本じゅんちゃんねる
https://www.youtube.com/watch?v=6Yyw6HwTQTw&t=358s

(文:ししまる)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.