北川景子、忖度なしで「セーラー10戦士、誰推し?」の質問に…憧れの女優も明かし納得の声!

投稿日:2021/04/24 12:09 更新日:

4月23日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)では、女優の北川景子さんがゲストとして登場。北川さんは憧れの女優について語り話題を集めました。

(画像:時事)

■北川、憧れの女優を明かし納得の声!

今回は放送中のドラマ「リコカツ」(TBS系)で主演を務める北川さんがゲストとして登場。

「憧れの女性」について尋ねられた北川さんは、「やっぱり自分の母親は尊敬している」とコメント。

続けて、「あとは女優さんだと、松雪泰子さんに憧れて事務所に入りました」と、同じスターダストプロモーション所属の先輩である松雪さんへの憧れを口にします。

■北川、女優になったきっかけを明かす

また、中居さんが女優になったきっかけを尋ねると、北川さんは「スカウトされました。地元で兵庫県の神戸市で…。関西の事務所にまずはスカウトされて、そこから今の事務所に移籍を」とコメント。

北川さんによると、芸能界入りに対して両親からの反対はなかったとのこと。

北川さんは、「若いうちにやりたい事を見つけて、東京に出て行きたいっていう気持ちが持てるのは立派だ、という事で」と、両親からの後押しがあった事を明かします。

■北川、忖度なしで「セーラー10戦士、誰推し?」の質問に…

「リコカツ」で北川さんの母親役を演じているのが、「美少女戦士セーラームーン」シリーズの月野うさぎ(セーラームーン)役や「新世紀エヴァンゲリオン」の葛城ミサト役で知られる三石琴乃さん。

インタビューに応じた三石さんは、「(『美少女戦士セーラームーン』に)景子ちゃんも実写の方で作品に関わってるので、『アニメーション見てました』って教えてくれて。『でも実写でやってくれたんだよね!』って、『会えたね!』っていう感じで喜びを分かち合いました」と、北川さんとの会話を明かします。

北川さんが実写ドラマ版「美少女戦士セーラームーン」(2003〜2004年/CBC)で演じたのは、火野レイ(セーラーマーズ)役。

そこで三石さんが、「本当に忖度なしでセーラー10戦士の中で誰推しですか?」と質問。

すると北川さんは、「セーラーマーズです! オーディションでマーズで1番好きでやりたいって言って受けました」と、劇中で演じたセーラーマーズ推しである事を打ち明けました。

■北川景子出演の「金スマ」に反響

今回の放送にはネット上で、「景子ちゃんマーズ推しでマーズがやりたくてオーディション受けてマーズになったのかっこよすぎ」「北川景子ちゃん、マーズ推しなんだ、大好きなマーズで女優への階段ガンガン駆け上がったんやと思うとすごいなぁ〜」「北川景子の憧れの女優が松雪泰子らしくてめちゃくちゃ分かる」などのコメントが上がっています。

北川さんがセーラーマーズ推しというのは、ファンにとって嬉しくなるコメントでしたね。

また、同じ事務所の松雪さんが憧れの存在だったという話も印象的でした。

【番組情報】
中居正広の金曜日のスマイルたちへ
https://tver.jp/corner/f0072740

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.