麒麟・川島明、広瀬すずにサスペンダーを引っ張られセリフ飛んだ!?朝ドラ『なつぞら』の撮影秘話明かす

更新日:

7月28日放送の「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(テレビ東京系)では、お笑いコンビ・麒麟の川島明さんが登場。昨年出演した連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合)での撮影裏話を語り、話題を集めました。

(画像:時事)

■川島、広瀬からのサプライズで…

番組後半では、今回のゲスト・川島さんの気になる発言として、「広瀬すずからのサプライズで台詞が全部飛んだ」という「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で話した川島さんの言葉を紹介。

川島さんは、昨年放送された広瀬すずさん主演の朝ドラ「なつぞら」に出演。

そのことについて、川島さんは「一発目でしたね、収録の。『なつぞら』で自分が初めて出るっていうシーンで、いきなりめちゃくちゃ長台詞やったんです。他のお仕事もあるし、こっちも台詞なんかあんま覚えたことないから、パンパンに詰めて、ずっと。頭を動かしたくない、こぼれるから」と、台詞を覚えることに集中していたと当時を回顧。

続けて、川島さんは「誰も喋りかけないでください。こう言ってばっと行って座って、はい行きましょう、本番3、2…で、すずちゃんが川島さんお誕生日おめでとうございます」と、本番直前に広瀬さんが誕生日サプライズをしたことを明かします。

この時、川島さんは「一切揺れた。あかん状態でクラッカーをパーンと鳴らされて、台詞が全部ダーって出て行って、真っ白になって。そんでハッピーバースデーみたいなケーキ来て、みんなで写真撮って『じゃあ本番行きましょう』となり、1回ちょっと待ってくれと…。全部耳から出たので1回楽屋帰らしてください」と、台詞が全部で飛んでしまったので、楽屋に戻って覚えなおしたとのこと。

■川島、広瀬にサスペンダーを引っ張られセリフ飛んだ!?朝ドラ『なつぞら』の撮影秘話明かす

朝ドラ撮影現場でのほろ苦いエピソードについて、川島さんは「僕、芸人っていうのがあるから、女優さんとか俳優さん、めっちゃ緊張するんで」と分析。

続けて、川島さんは「すずちゃんがまた優しいというか、2人でガチャって入ってくるシーンがあるんですけど。ずっと長台詞でやって、そこに俺ら2人が入って来てなんか喋るっていう」と切り出します。

続けて川島さんは、「すずちゃんは楽しみながらやってはるんで、本番まで、出る前舞台袖とかで、俺、サスペンダーしてる役だったんですけど、出る10秒ぐらい前にサスペンダー引っ張ってパァーンってやられたんです。パァーンやられたからまた台詞がバーンって抜けて」と、広瀬さんが緊張をほぐすためにやったイタズラで、また台詞が飛んでしまったことを明かしていました。

今回の放送にはネット上で、「すずちゃん、おじさん芸人で遊んだらダメだよ笑」「すずちゃんのサスペンダーパンッ!は画が浮かぶな」「収録一発目に広瀬すずからのサプライズは全部飛ぶわw」などのコメントが上がっています。

川島さんの話が具体的で、台詞が全部飛んでしまった時のシチュエーションが目に浮かびますね。また、撮影を楽しんでしまう広瀬さんのメンタルの強さも感じられたのではないでしょうか。

【番組情報】
あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~
https://tver.jp/corner/f0054809

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.