関ジャニ∞・村上信五「見たい景色も、見たくない景色もいっぱい見た」"激動の2019年"を語った!

更新日:

12月14日の「関ジャニ∞クロニクル」(フジテレビ系)では、スーパーモーニングリサーチと関ジャニ∞BASEのコーナーを放送。番組後半には、メンバー全員で激動の2019年を振り返りました。今年起きた様々な出来事や裏話、メンバーの本音が垣間見える放送内容が、ファンの間で話題になっています。

村上が思わず怒った丸山の失態

2019年は、関ジャニ∞のデビュー15周年ライブツアー「15祭」を開催、錦戸亮さんの退所、5人での再出発、47都道府県ツアーの開催など、激動の一年でした。

まずは横山裕さんが語る「すみませんの話」からスタート。

11月、レギュラー番組「関ジャニ∞のジャニ勉」(関西テレビ)の収録に、丸山隆平さんが大遅刻してしまったという思い出を語りました。

横山さんは、「すみません見たいな感じで面白くしたらいいのに、マジで反省して何も喋らなかった」と丸山さんにダメ出し。

丸山さんは遅刻した件について、村上信五さんにお説教されたそう。

丸山さん曰く、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の生放送1分前に怒られてしまい、動揺したために歌詞を間違えてしまったのだとか。

丸山さんに対し、大倉忠義さんは「メンタル弱っ」と笑いながらツッコミを入れていました。

メンバーのほんわかしたエピソードや裏話も披露

続いて村上さんが語ったのは、「いろいろあって遊べなかった」という思い出。

レギュラー番組を何本も抱えている上に、様々な出来事があり、なかなか休みが取れなかったそう。今年はもちろん、来年も東京オリンピックが控えており、忙しくなりそうとのこと。

一方安田章大さんは、お休みの日に流しそうめんをエンジョイしたそう。

楽しげな写真を村上さんに送り、近況を共有していたというほほえましいエピソードも披露。

大倉さんは「体調の変化」、安田さんは「ほくろがでかくなってきた」という思い出についてそれぞれ語りました。

思い出話について、ファンはネット上で、「村上くんに怒られて、本番歌詞間違えたマルちゃん。可愛い。保護する」「今でも丸ちゃんを怒ってくれる村上くんって貴重な存在」「仲良しエピ幸せな気分になる」など、様々な声が挙がっています。

村上「見たい景色も、見たくない景色もいっぱい見た」"激動の2019年"を語った!

コーナー最後は総括として、メンバーそれぞれが今年を「漢字一文字」で表現することに。

村上さんが選んだ漢字は「見」。村上さんは「見たい景色も、見たくない景色もいっぱい見てきた。ヨコとはG20大阪サミット行かせてもらったり……。47都道府県ツアーも、初めてのホールとか新しい景色を見させてもらった」とコメント。

安田さんは「友」を選び、「仲間同士で一緒に作り上げてきた時間があったから、この形に至ってる。友って言えるような仲間と一緒にいられるのが幸せやなって」と語りました。

丸山さんが選んだのは「共」。ファンの方やメンバー、スタッフさんで色々な思いを共有してるし、共存もしていこうって決めたり。共にこれから歩んでいくための基盤を作った一年」とコメント。

大倉さんは「なんかみんな(言いたい事)言ってくれたな……」と一言。横山さんは「皆」という漢字を挙げ、最後は5人笑顔でコーナーが終了しました。

ネット上では「色々なことがあったけど、それでも前を向いて未来を共に歩もうとしてくれる関ジャニ∞を推さない理由がないな。」「メンバーの素直な気持ちが聞けて嬉しかった」「5人の笑顔を引き出してくれる最高の番組」などの感想で溢れています。

番組前半では大倉さん、丸山さん出演のシュールなコントも放送され、最初から最後まで見どころ満載の30分でした。ふざけるところはとことんふざけて笑いを取り、思いを伝えるところは真剣に、という関ジャニ∞らしい締めくくりとなったのではないでしょうか。来年も、新たな企画が用意されているようなので、今から放送が待ち遠しいですね。

(文:アイドル担当ライター Rei)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.