『琵琶湖に沈めたれ』人生初のエゴサで落ち込む北村一輝に「今は…」と励ましの声! #土曜スタジオパーク

更新日:

12月14日放送の「土曜スタジオパーク」(NHK総合)に、連続テレビ小説「スカーレット」(NHK総合)でヒロイン・川原喜美子の父親・常治を演じる北村一輝さんが出演。ドラマで演じる役柄についてエゴサーチした結果、衝撃を受けたと語る北村さんのコメントが話題を集めました。


(画像:時事通信フォト)

『琵琶湖に沈めたれ』人生初のエゴサで落ち込む北村

オープニングで、「スカーレット」で演じる川原常治について生まれて初めてエゴサーチをしたという北村さん。

エゴサーチした結果、「琵琶湖に沈めたれ」と書いてあったことに衝撃を受けたそう。

北村さんは、エゴサーチなんかしなければ良かったと言いつつも、「気持ちはすごいわかる」と、ドラマの中では憎まれ役とも言える常治への反発に理解を示します。

すると、ハリセンボン・近藤春菜さんが、「お父ちゃん、本当に厳しいところはあるんですけど、最近、見てる側もその愛情をひしひしと感じてますから」とコメント。

すると北村さんは「こっから凄いです」と、波乱の展開が待ち受けていることを示唆する言葉を発し、喜美子と常治がどうなるのか、視聴者の興味を惹きつけました。

北村に「今は…」と励ましの声!

朝ドラの影響もあって、街中でも「もう少し許してやれ」などの声をかけられるという北村さん。

北村さんは心の中で、「知らんがな! 書いてあるからやってるんです。一生懸命やってるんです」と思うそうで、「僕も読んだ時にそうやろ…と思います」と、気持ちは同じだと語ります。

ですが、「そこまでは言えないんですけど」と、ドラマの役柄についてツッコミを入れられても反論できないことを嘆きました。

しかし、北村さんにツッコミが入るというのは、リアティがあるということ。「演じる側としてはしてやったりでしょ?」という質問が。

北村さんは、「半々ですね。ドラマって全員が良い人であってもダメで。やっぱり、色んな喜美子の人生を見せるために、どういうポジションが必要なのかっていう中で作ってるので、それは計画通りというか……」と、ドラマの中では憎まれ役も必要と自身の考えを明かします。

近藤さんが、初めての朝ドラ出演についての心境を聞くと、北村さんは優しい父親役をイメージしていたのに、「嘘だろ……」と、最初は常治のキャラ設定に戸惑いを覚えたとのこと。

また、常治との共通点は問いかけには「考え方は違うが理解は出来る。時代時代で父親像は変わるが、子供に対する愛情という部分では変わらない」と、自分も子供を持つ父親として共鳴できる部分があるとコメントしていました。

放送を見た人からは、「今はもうちょっと高評価だから、もう一回エゴサしてー」「琵琶湖に沈めたれ!って思う気持ちがよくわかるんですが、それらは全部、北村一輝さんの演技がとても上手で素晴らしすぎるからなんですよね」「視聴者による『琵琶湖に沈めたれ』の半分は愛だと思うのよ…?」などのコメントが上がっています。

「琵琶湖に沈めたれ」とネットで書かれても、「気持ちはわかる」と言う北村さん本人はとても良い人だと感じられたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.