「突然の美声」まさかの役柄に驚きの声!人気声優・梶裕貴がドラマ『恋はDeepに』出演

投稿日:2021/04/29 10:01 更新日:

石原さとみさんと綾野剛さんがW主演を務めるテレビドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)。4月28日放送の第3話では、声優の梶裕貴さんがアユカケ役として登場。劇中のその"声"に注目が集まりました。

(画像:時事)

■「一文無しだぜ…」川から聞こえてきたのはあの人気声優の声!?

海と魚を愛する海洋学者の渚海音(演・石原さん)と、蓮田トラストグループの御曹司である蓮田倫太郎(演・綾野さん)は、巨大マリンリゾートの開発をめぐり出会います。

リゾート開発の陣頭指揮をとる倫太郎と、海に暮らす魚たちの生活を守るために開発を止めたい海音。

環境保護とリゾート開発という正反対の目的を持つ二人ですが、ひょんなことから同じ開発チームのメンバーとして活動することとなるのでした。

食事シーンで海藻や野菜しか食べていなかったり、釣りを異様に嫌ったりなど、その行動からネットで"人魚説"が浮上している海音ですが、今回は川の生き物の声に耳を傾けるシーンが。

同じ研究室で働く宮前藍花(演・今田美桜さん)と共に水質調査中に出かけた海音は、作業をしながら、先日藍花が倫太郎の弟である榮太郎(演・渡邊圭祐さん)と二人きりで出かけたことを明かされ、その話に食い付きます。

榮太郎には自分の他にも女友達がいるのではないかと疑う藍花に、海音は「なるほど! コブダイタイプ!」と、一夫多妻制の海洋生物・コブダイに例えて話を進めていきます。

するとその時、どこからともなく「はーあ…一文無しだぜ…」と嘆く声が。

声の主は、その川に住むアユカケでした。

アユカケは、オスが愛の巣を作ってから求婚する魚類で、メスが気に入ってくれないとその巣に入ってくれないのだそう。

このアユカケは巣を作ったのにもかかわらず求婚に失敗してしまったようで、この声に気付いた海音は「あー振られちゃったか」と話しかけます。

「また次頑張るしかないね」と慰める海音に、「俺、自分がイケてると思ってたけど、違うのかな…」と、アユカケが相談するように呟くシーンも。

最後は、川から上がろうとする海音と藍花に「えー行っちゃうの!?」「ちょっと、お二人さんよ。ねぇ、おいで、ちょっと。あんただけでも!」と、引き止め、自分の巣に招き入れるかのようなセリフも飛び出していました。

■「突然の美声」まさかの役柄に驚きの声!人気声優・梶がドラマ『恋はDeepに』出演

第1話から、海音が飼っているウツボの声を若本規夫さん、ミノカサゴの声を高山みなみさんが演じており、その豪華声優陣にも注目が集まっていました。

そして今回アユカケの声を担当したのは、人気声優の梶さん。

たったワンシーンの出演でしたが、ネット上では「突然の美声...!」「あれ?この声、梶さんじゃ...ね?」「今の梶さんだよね!!?」「アユカケ、声がいいと思ったら梶さんか!」と、梶さんの声に気付き歓喜の声をあげる視聴者が続出しました。

また、「梶さん出番一瞬だったけど幸せの呟きボイス」「魚のお声が豪華」「イケボのアユカケでしたね」と、梶さんの美声に聴き惚れてしまった視聴者も多かったようです。

■「アユカケ役でした!」梶裕貴のコメントに視聴者感激の声

その後、梶さんの公式Twitterに、「アユカケ役でした!カジカ科…だからかな…?笑 アドリブ使ってもらえてて嬉しかったです 引き続き、お楽しみください!」とコメントが。

視聴者からは、「イカしたアユカケでしたねぇwww」「少しの台詞でしたが梶さんだってしっかりと分かりました!!」「ダンディーで素敵なお声をたくさんお聴きできて、幸せでした」「梶さんのアユカケ、レギュラー出演してほしいくらいに最高でした」と、感激する声が多く並んでいました。

突然の人気声優の出演に驚いた視聴者もいたようですが、嬉しいサプライズになったようですね。

今後の放送では、海の生物たちの声にもさらに注目が集まるのではないでしょうか。

【番組情報】
恋はDeepに
https://tver.jp/corner/f0073085

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.