浜ちゃんの意外な過去!?「怖くてボケられへんようになったんちゃうかな」高須光聖が明かしたダウンタウンの秘話が貴重すぎる

更新日:

11月3日、"カジサック"ことキングコング・梶原雄太さんのYouTubeチャンネル「カジサック KAJISAC」では、放送作家の高須光聖さんがゲストで登場。その中で、高須さんが小学校からの付き合いであるダウンタウンについて語り、話題になりました。

(画像:時事)

■高須が語る浜田の心情!「松本人志のお笑いの能力について行くのに必死」

ダウンタウンとは小学校の頃からの付き合いだという高須さん。

浜田雅功さんが松本人志さんを誘ってコンビを結成したと聞いた時、「絶対に売れる」と確信していたと言います。

高須さん曰く、松本さんは小学生の頃から笑いのセンスの高さが群を抜いていたのだそう。

ダウンタウンが漫才で活躍していく姿を側で見ていたという高須さんに、カジサックさんが「『俺もやろう!』ってならなかった?」と、漫才をやりたい衝動はなかったのかと質問すると、高須さんは「ならへん、ならへん」と否定します。

続けて、「オレ、浜田ですらやっぱ、松本人志のお笑いの能力に(ついて行くのに)必死やと思うのね、とてつもないボケやから」と、浜田さんの意外な心情を明かします。

さらに、「浜田は『どうしよう』と、常にダウンタウンとしておらなアカン時の浜田の性理は、スゴイ大変な状況やったんちゃうかな」と、才能ある松本さんに対応する浜田さんの心情を労いました。

■浜ちゃんの意外な過去!?「怖くてボケられへんようになったんちゃうかな」高須が明かしたダウンタウンの秘話が貴重すぎる

カジサックさんが「浜田さんのスゴイところってどこですか?」と尋ねると、高須さんは「ハートですよ、あのバイオレンスと」と返答し、笑いを誘います。

また、高須さんが言うには、幼いころの浜田さんは今のようなツッコミ役ではなく、モノマネを披露したりボケ役で笑いをとっていたとのこと。

高須さんが、「ある日たぶん、松本人志のツッコミに回った瞬間に、『もうボケられへん』と思ったんやろうね。ボケんのが怖くてボケられへんようになったんちゃうかな」と、浜田さんが松本さんの才能に降参したと推測。

続けて、「(松本の)ボケを際立たすことの方が重要や、とどっかで思ったんやろな」と、ツッコミ側に回った浜田さんの心理を代弁しました。

■高須「松本人志のせいやで」芸人が引退しない理由を明かす

終盤、高須さんが今後もずっと放送作家をやり続けていくと宣言。

高須さん曰く、若手に譲ることなくずっと自分がやっていきたい気持ちは、芸人も同じであると言います。

芸人がなかなか引退しないことについて、高須さんが「松本人志のせいやで」とコメント。

その理由について、「あの男がずっとやってるから、『40になったら辞める』っつたんちゃうの? って話やねんな」と、松本さんが現役であり続けていることが影響していると説明。

さらに、「浜田もそうやと思うで。『何でこんなMCやらなアカンねん』って思ってると思うで」と、松本さんがやり続けることで、浜田さんがやらざるを得ない状況に追い込まれていると暴露。

カジサックさんが「松本さんの影響力って、やっぱえげつないですね」と尋ねると、高須さんが「えげつないでアレ、あんなもんアカンで」と松本さんの偉大さを認め、笑いを誘いました。

ネット上では、「貴重過ぎる。。こんな話、無料で聞けてええのん」「ダウンタウンとの学生時代の話が聞けて めちゃくちゃ嬉しかったです!」「神回でした!!カジサック ありがとうございます」などの声が上がっています。

今回、ダウンタウンの過去について語った高須さん。幼き頃から2人を知っているかこそわかる、高須さんの話はとても貴重だったのではないでしょうか。

(文:ししまる)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.