欅坂46最終オーディションにも残った青山麻由が江頭2:50を敬愛する理由 #家ついて行ってイイですか

更新日:

11月13日放送の「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京)に、江頭2:50さんに孤独を救ってもらったという青山麻由さんが登場して話題を集めました。

欅坂46最終オーディションにも残った青山

深夜の新宿駅で、「これ江頭2:50なんです。エガちゃん大好きなんでこれ映して」とカメラの前に現れたのは、江頭さんのネイルをした青山さん。

このネイルを「江頭さんとの2ショット写真撮影会でも見せたい」と意気込む青山さんは、お笑いのMCをやっているそうで、スタッフは了解を得て自宅を訪問させてもらうことに。

スタッフがタクシーに一緒に乗ると、青山さんはアイドルを目指していたこともあると明かしました。青山さんは、欅坂46のオーディションで最終審査に残ったことも。

青山さんは、講談社が主催する「ミスiD2019」のオーディションにも挑戦し、"ストッキング芸"をしながら江頭さんのモノマネを披露。見事、「voicy賞」を受賞したそうです。

青山が江頭2:50を敬愛する理由とは?

北海道・富良野出身という青山さんは、15歳の時に看護師を目指すために1人暮らしを始めたそう。ですが、高校は卒業したものの、看護師になる目標は諦めることに。

アイドルになりたいが田舎だったため、どうすればいいかわからず、またホームシックにもなってしまい、引きこもりがちになったという青山さん。

「人生に疲れた」という青山さんが、その時よく見ていたのが江頭さんの動画でした。

身体を張って笑いをとる江頭さんの動画を見て、「元気が出ます」と引きこもりがちだった時の支えになったと語る青山さん。

青山さんは、「エガちゃんは自由に生きていて好きだった。江頭という名前を見ただけで元気になれる」とコメント。

江頭さんに勇気をもらった青山さんは、アイドルになれませんでしたが、芸能事務所に入ることができました。

スタッフが「江頭さんの好きなところは?」と聞くと、青山さんは「生き方が好きです。格好つけずに人に笑われてもいいような感じでお笑いをやっているのがかっこいいなって思います」と江頭さんへの想いを語ります。

青山さんは、江頭さんの容姿は最初、好みじゃなかったそうですが「だんだん見慣れていくうちにかっこよく見えてきた」とのこと。

江頭さんと結婚したいという願望を語る青山さんは、「エガちゃんといたら人生悩まなくてもいきていけるから、楽しく生きたいというか、気軽に生きたいというか。でも、エガちゃんは裏ではめっちゃ努力してるかもしれないから、こんなこと言えないんですけど、めっちゃいいなって思います」と話し、練習しているという三点倒立まで披露するなど、"江頭愛"を爆発させていました。

江頭2:50ファン青山の登場に反響

放送を見た人からは、ネット上で、「江頭好きの子めちゃ可愛いじゃないか!欅のオーディション受けてたとか!」「家ついて行っていいですか出てる子可愛い江頭好きが好感持てる」「エガちゃんが好きな女性めっちゃかわいいし、普通に面白いって見せてきたのが加藤鷹と江頭2:50の伝説のコーナで爆笑したwwwエガちゃん最高だな~」などのコメントが上がっています。

モノマネの本気度もすごいだけでなく、見せてくる江頭さんの動画のチョイスも絶妙で、青山さんの"江頭愛"に圧倒された人も多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.