市川猿之助「唯一の友達と言ってもいい」ゆず北川悠仁との関係語る!骨折時に贈られた粋なプレゼントとは?

更新日:

7月24日放送の「A-Studio+」(TBS系)では、歌舞伎役者の市川猿之助さんがゲストとして出演。ゆずの北川悠仁さんとの関係について語り、話題を集めました。

猿之助主演「スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース」の方向性を決めたのは北川?

今回のゲスト、猿之助さんが主人公のモンキー・D・ルフィ役を演じて話題を集めた「スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース」で、主題歌「TETOTE」の楽曲提供を行ったのが北川さん。

笑福亭鶴瓶さんからそのことを尋ねられた猿之助さんは、「いつも時間が合うとご飯を食べに行く。2人きりで食べてて、珍しく僕は浮かない顔してたんでしょうね、それで『どうしたの?』って言うから、『いや実は「ワンピース」って俺、全く自信がない』」と、人気漫画を歌舞伎化するにあたり、悩んでいたことを伝えたとのこと。

その後、とりあえず飲みに行くことになり、酔っ払った猿之助さんは、「ごめん『ワンピース』やるんだけど、なんか力を貸してくれ!」と北川さんに楽曲制作を依頼。

すると、北川さんは「曲作る」と快く猿之助さんのオファーを受け入れてくれたそうで、そのことについて猿之助さんは、「すごく恩を僕は感じてるんです」と感謝を伝えます。

今回、鶴瓶さんは北川さんを取材。北川さんによると、猿之助さんが悩んでいたことは気づいていたとのこと。

けれども、北川さんが渡した「TETOTE」の音源を聴いた猿之助さんは、「見えた!」という連絡をくれたそうで、鶴瓶さんは「それが嬉しかった言うてた」と、北川さんのコメントを紹介します。

また、猿之助さんは「要するにこの方向で『ワンピース』を作ればいいんだなって、もう歌舞伎とか関係なくこっちに行きゃいいと思って。だからその曲をスタジオで稽古場で流した後も、出演者が見えたって言ったの」と、北川さんが提供してくれた曲が目指すべき方向の道しるべになったことを明かします。

■猿之助「唯一の友達と言ってもいい」北川との関係語る!骨折時に贈られた粋なプレゼントとは?

2017年、舞台中に左腕を骨折する大怪我を負った猿之助さんは、手術をした次の日のゆずのコンサートに行くことを北川さんと約束していました。

しかし、あまりにも痛みが激しかったこともあり、「悠仁ごめん、すっごい痛くて、明日行けない」と北川さんに連絡を入れたとのこと。

しかしその後、「当日のコンサートで俺に向けて歌ってくれた歌を映像で撮って、それをくれたわけ」と、コンサートに来られなかった自分のために、北川さんが粋なプレゼントを送ってくれたことを明かします。

そんな北川さんについて猿之助さんは、「唯一の友達と言ってもいいかもしれない」と語っていました。

今回の放送にはネット上で、「芸達者な方だけあって、病室での再現も面白い。ゆずのコンサートにそんなに行きたかったなんて、アグレッシブで若い人なんだな。北川悠仁さんとの交流も初めて知った」「市川猿之助さんが悠仁を『唯一の友達かもしれない』と言ったひとことに、涙が出た」「猿之助さんも悠仁も作品を生み出す表現者だからお互いの気持ちがわかるんだろうなぁ、素敵な関係」などのコメントが上がっています。

猿之助さんが手術の翌日にゆずのコンサートに行こうとしていたという話に、驚いた方も多かったのではないでしょうか。

行くことはできませんでしたが、北川さんが用意したプレゼントは素敵でしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.